FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
No.1,246 夕食は 魚にするか 〇オンだな
No.1,246 夕食は 魚にするか 〇オンだな
2018/11/17(土)の料理
今日のメニュー:左から秋鮭のガーリックマーガリン焼、山菜おろし、野菜と豆腐の旨煮
200  全体(1)






今日のさいたまは晴れ。ウォーキングコースのさいたまスーパーアリーナの上空は、うっすらと雲が浮かんでいますが概ね晴天。
201  空アリーナ(1)
すばらしい秋晴れの一日。暑くもなく寒くもない、快適な過ごし易い一日でした。





さいたま新都心駅のコンコースには、こんな物が。
202  人口130万人(1)
へ~っ、さいたま市の人口が130万人を突破したんですね。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店ではなく〇オンにやって来ましたみやけんです。この日は魚気分。〇〇ャース 大成店は魚屋のテナントがまだ入らないので、〇オンに来たという訳です。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、特になし。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、焼魚系一品と野菜と豆腐の旨煮、それに山菜おろしでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。魚売場を物色すると、秋鮭の切身の中に20%引きになっているものがあったので、焼魚はこれにしました。というわけで、今夜はこれ。





「秋鮭のガーリックマーガリン焼」
211  鮭塩胡椒(1)
秋鮭は両面に塩胡椒します。





市販のガーリックマーガリンで焼きます。
212  鮭焼(1)
途中酒を振って蒸し焼きにして、仕上げに醤油をちょろり。





フライパンの汁毎器に盛って出来上がり。
213  鮭盛り(1)
ああっ、やっぱり鮭は旨い!





「野菜と豆腐の旨煮」
221  スープ(1)
まずは中華あじ、中華スープの素、鶏がらスープの素で適当にスープを作ります。





中華鍋を熱し油を加え、煙が出て来たら白菜の白い部分と青梗菜の茎の部分を炒めます。
222  炒め(1)
強火で強気に、がコツ。





白菜と青梗菜の葉の部分、ぶなしめじ、木耳、刻んだ大根の皮を投入。
223  葉投入(1)
全体に油が回ったら、スープを加えます。





豆腐を投入。
224  豆腐投入(1)
沸騰したら弱火にして、しばらくコトコト煮込みます。





水溶き片栗粉でとろみをつけ、香り付けのごま油を垂らし、ザックリと混ぜて出来上がり。
225  盛り(1)
器に盛って食卓に運びます。




「山菜おろし」
231  山菜おろし(1)
大根おろしに市販の山菜の水煮を乗せ、削り節をトッピング。醤油少々を垂らして頂きました。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
281  今日の食材(1)
今日の支払金額は、税込972円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの日歩いた歩数は、
291  歩数計(1)
27,514歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
外食編-せっかくだ ジンギスカンを 食べとこう@ジンギスカン弁当/新千歳空港
外食編-せっかくだ ジンギスカンを 食べとこう@ジンギスカン弁当/新千歳空港
少し以前の話になりますが、9/17(月、敬老の日)の昼食は、新千歳空港内のこちらの店で買った弁当にすることに。「美食 千歳」です。
101 千歳(1)
新千歳空港内の飲食店舗は現在休業中。なので弁当を買って保安検査場を通過してから食べる作戦です。





売場の様子はこんな感じ。
102 並ぶ弁当(1)
色んな種類の弁当が並んでいます。





で、買ったのはこちら。ジンギスカン弁当(1,030円)です。
103 買った物(1)
海鮮系もいいのですが、昨夜は寿司だったので。せかっく北海道に来たのだから、ジンギスカンを食べておこうとこちらにしました。レンチンしてもらっているので、蓋を取ったときはまだ温かかったです。





いただきま~す。モグモグモグ♪
104 肉上げ(1)
うっ、旨い!これは紛れもなく本物のジンギスカンの味。(当たり前か)





付け合わせのきぬさやと粒コーン。
105 コーンときぬさや(1)
これはまあ彩りということで。





ナムル。
106 ナムル(1)
これはいいアクセントになります。





つゆの染みたご飯も旨い! 
107 ご飯(1)
これだけでも十分たべられちゃいます。





意味不明だったのはご飯の上に敷かれたレタス。
108 意味不明レタス(1)
これではレタスの下のご飯にはタレが染み込まないじゃないですか。





ジンギスカンをグビグビと喉の奥に流し込むようにして、一気に完食です。
109 完食(1)
ふ~、食った~。値段はそれなりにしましたが、肉の量が予想以上に多く、ジンギスカンを食べた満足感に浸れました。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスはギリギリ合格です。
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数1,020食、平均価格:一食当たり税込468円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
旅行編-旅行から 帰ったときは いつもコレ
旅行編-旅行から 帰ったときは いつもコレ
11/10(土)は、旅行から帰宅したときのいつものパターンで、買って来たお惣菜で適当にすますことに。こちらが買って来たものです。
251  買った物(1)
カップの焼きそばとレトルトのカレー、グリルチキン。旅行から帰って来た時はいつも焼きそばカレーなのです。前の晩と翌朝は温泉旅館の合成な食事だったので、思いっきりチープな飯でバランスを取らないとね。





まずは焼きそばを普通に作り、カレーをかけます。
252  焼きそば作り(1)
スースを使うとしょっぱくなり過ぎるので使いません。





一味唐辛子を大量投入し、ザックリと混ぜてふりかけをトッピングして出来上がり。
253  カレー焼きそば完成(1)
混ぜながら食べるのは非常に難しいので最初に混ぜてしまいます。





全体はこんな感じ。
254  全体(1)
冷蔵庫の枝豆も引っ張り出しました。





いただきま~す。モグモグモグ♪
255  麺上げ(1)
うっ、旨い! カップ焼きそば独特のチープな食感。





具のじゃがいも。
256  じゃがいも(1)
レトルトカレーの正しい姿。





少ないながらも肉も入っています。
257  具の肉(1)
肉の姿が見えるだけでも良心的。





グリルチキン
258  グリルチキン(1)
ガーリック風味です。





胡椒を強めに振れば、なお旨し。
259  胡椒たっぷり(1)
スーパーのお惣菜は侮れません。





枝豆。
260  枝豆(1)
定番のつまみ。


以上。
旅行編-駐車場 止めた途端に 満車かい
旅行編-駐車場 止めた途端に 満車かい
11/10(土)は、天気が回復。
201  旅館からの眺め(1)
岸権旅館からの眺めはこんな感じ。





旅館から徒歩で河鹿橋へ。
211   橋(1)
この橋、「千と千尋の神隠し」に出て来る橋のモデルだそう。





橋の欄干。
212  橋2は素晴らしい(1)
風情があります。





伊香保は丁度紅葉シーズン真っ盛り。
213  散る葉がスゴイ(1)
写真ではよく判りませんが、風が吹くと木の葉が雪のように舞って落ちてきます。





伊香保温泉の源泉。
214  原泉(1)
地中から温泉が湧き出しているところが見えます。





ここで温泉を飲むことができます。
215  原泉はマズイ  (1)
でも超マズイのでオススメしません。





伊香保ロープウェイ。
216  伊香保ロープウェイ(1)
駐車場はみやけんが車を止めた途端に満車。ラッキーでした。





山頂の駅に着くと、スケートリンクがあります。
217  スケートリンク(1)
スピードスケートの選手が練習していました。





展望台に向かう途中の紅葉。
218  展望台付近の紅葉(1)
紅葉が青空に映えます。





地面は一面の紅葉の絨毯。
219  紅葉の絨毯(1)
丁度紅葉の時期で良かった。





展望台からの眺め。
220  展望台からの眺め(1)
絶景です。





車に乗ってしばらく走るとこんなものが。
222  チンチン電車(1)
昔はチンチン電車が走っていたようです。





ロープウェイ乗り場には土産物屋がなく、しばらく車を走らせて上州物産館へ。
223  上州物産館(1)
入口正面にはこんなものが。





上州はうどん文化の地域。
224  うどん売場(1)
水沢うどんだけではなく、おっきりこみやひもかわうどんなど、様々なうどんが売られています。





上州物産館を出て向かったのは、群馬舞茸センター。
225  舞茸せんたー(1)
舞茸工場の直販施設です。





舞茸工場の様子。
226  工場(1)
舞茸って、こんな風に栽培されているんですね。





舞茸の試食。
227  試食(1)
美味なり。舞茸茶や舞茸の味噌汁の試飲も出来ます。





舞茸の直販。
228  直売(1)
みやけんは値段を見て買うのを止めました。だって単価に直すと○○ャースの方が安いんだもん!


みやけん夫婦はこの後真っ直ぐに帰宅したのでした。
旅行編-年なので このボリュームは 要らないな
旅行編-年なので このボリュームは 要らないな
11/9の夕食は、妻と2人で伊香保温泉の「岸権旅館」で。着席するとこんな感じ。
201  全体(1)
やはり予想通り温泉旅館の夕食は豪華版。





まずはビールで乾杯! ゴクゴクゴク♪
202  乾杯(1)
プファー、旨い!





これは揚げた野菜を餡かけにしたものの様子。
203  不明(1)
旨し。





お造りです。
204  お造り(1)
旨いのですが、山の中なのに刺身系を出さなくてもいいんじゃないかなというのが正直なところ。





里芋とカブ、しし唐、麩の煮物。里芋には肉味噌をがかけてあります。
205  炊き合わせ(1)
老舗温泉旅館らしい上品な味付け。





前菜盛り合わせのようなもの。
206  前菜(1)
いろいろ種類があって楽しい。





これは食用菊ときゅうりの酢の物かな?
207  酢の物(1)
酢が柔らかいのでスルスルッと食べれました。





和食メニューの中で突然パイスープ登場。
208  パイスープ(1)
みやけんはパイスープは初めて。





パイ皮を突き崩すとこんな感じ。
209  中は和風(1)
スープ自体は実は和風でした。





メインの和牛のロースすき鍋。
210  和牛ロースすき焼き(1)
具はこんな感じ。





まずは割下で野菜を煮込みます。
211  すき焼き煮始め(1)
間違っても肉の煮過ぎは厳禁。





肉を投入。
212  肉投入(1)
火が通ったところで吹き消します。上州牛のすき焼きは絶品。





〆の釜飯。
213  ご飯(1)
卓上の固形燃料の1人用コンロで炊いたもの。薄味で、味噌汁と漬物を合わせると丁度良い感じでした。


でもねぇ。旨いんだけど全体的に量が多すぎ。若い人ならいいかもしれないけど、この年になったらこんなにボリュームは要らないなぁ、というのが正直なところでした。


岸権旅館懐石・会席料理 / 渋川市その他)

夜総合点-

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ