FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
旅行編-有名な 割にはショボイ あじさい路
旅行編-有名な 割にはショボイ あじさい路
6/14(金)は、休暇を取って妻と鎌倉観光に。まず向かったのは、長谷寺です。
001  長谷寺(1)
鎌倉ではあじさいで有名なお寺はいくつもありますが、その中でも一番有名なのがこちら。妻も行ったことがないというので、晴れの予報のこの日行くことにしたのです。





平日とは言え、さすがに超有名な観光地。
002  60分待ち(1)
あじさい路の待ち時間は60分。





昼食を摂って時間を潰し(昼食は別掲載)、入場します。
003  人の列(1)
それにしても人・人・人で大渋滞。





順路にはこんな物も。
004  お地蔵さん(1)






千体地蔵。
005  千体地蔵(1)
圧巻の数。





あじさい1
006  あじさい1(1)






あじさい2
007  あじさい2(1)






あじさい3
008  あじさい3(1)






あじさい4
009  あじさい4(1)






あじさい路は山のかなり上の方にあります。
010  海岸線(1)
由比ガ浜方面の眺めは格別。





ただし花の密度はイマイチ。
010  実際は(1)
比較的群生している箇所でもちょっと離れればこんな感じ。意外とショボイの
です。





本堂にお参り。
011  本堂(1)
煙は額の上の方に集中的に。





洞窟のような場所も。
012  洞口(1)
この中もお地蔵さんでいっぱい。





長谷寺を出ると、江の島へ。
013  江の島(1)
橋を渡って歩いていきます。





エスカー(有料エスカレーター)に乗って、一気に上まで登ります。
014  エスカー(1)
これは楽チン。





シーキャンドルからの眺め。
015  シーキャンドル(1)
絶景なり。





その後島の先端の方へ。
016  岩屋は工事中(1)
残念ながら岩屋は工事のため閉洞中。





海岸の岩場。
017  先っぽ(1)
波がすぐそこまで打ち寄せて来ます。





帰る途中でこんなものを発見。
018  つるの剛士(1)
つるの剛士さんの絵を階段アートにしたのだそう。





実際の階段アートは、こんな感じ。
019  階段の絵(1)






階段アートのすぐ横の展望台からの眺め。
020  展望台(1)
そうこうしているうちに時刻は夕方。みやけん夫婦は帰途に着いたのでした。
スポンサーサイト
旅行編-明日は朝 食べれないから ガッツリと
旅行編-明日は朝 食べれないから ガッツリと
2月15日、伊豆からの帰り道、夕食に立ち寄ったのはこちらのお店、「ガスト」川越インター店です。
201  ガスト(1)
店名の通り、関越自動車道の川越インターを出てさいたま方面に向かってすぐのところにあります。





まずはメニューを検討。
202  メニュー(1)
明日は血液検査があるので朝食抜き。なのでガッツリ食べておこうということで、ミックスグリル+ライス・スープセットを注文します。





スープはセルフ。
203  玉子スープ(1)
少しだけとろみのついた玉子スープでした。





しばらくして、ミックスグリルが登場します。
204  ミックスグリル(1)
ハンバーグ、ソーセージ、チキンステーキに付け合わせというスタイル。





タバスコをたっぷり振って、準備OK。
205  準備OK(1)
やっぱりハンバーグにはタバスコでしょう。





いただきま~す。モグモグモグ♪
206  ハンバーグ上げ(1)
うっ、旨い! ここのハンバーグはホントCPいいですね。





ソーセージ。
207  ソーセージ上げ(1)
これもいい味出してます。





チキンステーキ。
208  チキン上げ(1)
いい焼き加減。にんにくが香ります。





付け合わせ。
209  付け合わせ(1)
サクサクのハッシュドポテトフライと、枝豆と粒コーン。





ミックスグリルをグビグビと喉の奥に流し込むようにして、一気に完食です。
210  完食(1)
ぷふぁ~食った~! さ~て、自宅へ帰りましょうか。


ガスト 川越インターファミレス / 南大塚駅川越駅川越市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

旅行編-騙された! 高くて遠い 駐車場
旅行編-騙された! 高くて遠い 駐車場
2月15日、宿を出たみやけん夫婦は、昨日乗り損ねた遊覧船乗り場に向かいます。
101  遊覧船(1)
平日の10時40分発の船はさすがに空いていました。





この遊覧船、船の底の方はガラス張りになっています。
102  船室内(1)
これは面白いですね。





窓からは魚が泳ぐ様子が見れます。
103  泳ぐ魚(1)
雀鯛の群れが窓の近くに寄ってくる様子が間近に見れました。





伊東港を出てしばらくすると、カモメの餌付けが始まります。
104  かもめ(1)
餌の正体はかっぱえびせん。カモメの大好物らしいです。





遊覧船を降りて向かったのは大室山。
105  大室山(1)
リフトで登ります。





山頂から見る伊東方面。
106  山頂からの眺め(1)
絶景です。





大室山は火山の噴火口。
107  アーチェリー(1)
すり鉢状の火口の底の方にはアーチェリー場があります。





大室山を下りて向かったのは城ケ崎海岸。
108  灯台(1)
ここはすぐ近くに安い駐車場があるのですが、騙されてフラワーガーデン近くの高い駐車場に止める失敗。この駐車場からは目的のつり橋まではかなり距離があるのです。観光地によくある「騙しの駐車場」に見事に引っかかってしまいました。(苦笑)





この海岸にはスリリングなつり橋があります。
109  つり橋(1)
高所恐怖症のみやけんですが、一昨年行った三島スカイウォークに比べれば問題なし。コツは只一つ。上を向~いて歩こ~う♪(笑)





城ケ崎海岸は大室山が噴火して流れ出た溶岩で出来た所。
110  絶景(1)
ゴツゴツした岩の断崖絶壁。





こちらは灯台の上から見た様子。
111  灯台の上から(1)
海水は結構透明感がありました。天気がイマイチだったのが惜しいです。





つり橋がある方角の岩。
112  ワニ岩(1)
ワニの頭みたいですね。


東伊豆観光はこれにて終了。アップダウンの激しい道を駐車場まで戻ったみやけん夫婦は帰宅の途についたのでした。
旅行編-温玉と 金目の煮汁 〆のめし
旅行編-温玉と 金目の煮汁 〆のめし
2月14日の夕食は、宿泊先の伊東小涌園で。
201  お品書き(1)
こちらが本日のお品書きです。





まずは前菜。
202  前菜(1)
やっぱり一番印象に残ったのはサザエ。





お造り3点盛り。
203  お造り(1)
海の近くでは新鮮な魚介が一番。





そして定番の鍋。
204  鍋物(1)
こちらは魚ではなく鶏肉と野菜でした。





茶碗蒸しです。
205  茶碗蒸し(1)
ほっとする味。





蟹の甲羅揚げ。
206  蟹甲羅揚げ(1)
定番の揚物。





そして本日のメインディッシュ。
207  金目姿に(1)
金目鯛の煮付け。ちょっと甘目のタレなのですが、許容範囲内。滅多にたべることはない魚なので、伊勢海老とか鮑よりはこちらの方がいいかも。





そしてご飯。
208  ご飯(1)
赤だしの味噌汁と漬物がついてきます。





ですが金目について来た温玉と金目の身、煮汁を合わせた〆のめし。
209  温玉ご飯(1)
これが最高。みやけんはこの後もう一度風呂を堪能しました。


伊東小涌園旅館 / 南伊東駅

夜総合点-

旅行編-江川邸!? 江川さんって 誰なのよ?
旅行編-江川邸!? 江川さんって 誰なのよ?
2月14日漢15日は、妻と2人で伊豆へ温泉旅行です。サザンをガンガンかけながら車で向かったのは、道の駅伊東マリンタウンです。
001  伊東マリンタウン(1)
圏央道が開通してから、我が家(大宮)から伊豆。箱根方面はずいぶん便利になりました。まずはこちらで昼食(別途掲載)を摂る作戦です。





港には遊覧船が泊まっています。
002  遊覧船(1)
あれに乗ろうか、と向かったのですが、係の人から今日は波が荒いので、昼食後の乗船はオススメできませんと言われ断念。





そこで向かったのは、世界遺産にも登録されている韮山反射炉です。
003  韮山反射炉(1)
ここはおととしの西伊豆旅行で時間の都合で断念した所。入口で入場券を買うのですが、反射炉のみだと500円で、江川邸とのセットだと〇〇円(値段失念)とか。自分も妻も江川さん、って誰よ?だったので、反射炉単独券で入場します。





写真撮り忘れましたが、屋内の展示室で反射炉の作られた経緯や仕組み等の展示解説を見た後、屋外の反射炉の実物を見学。
004  現在の姿(1)
実物が残っているのは世界中ここだけだとか。





反射炉見学の後は、お約束の土産物売り場へ。
005  物産館(1)
観光地にはこの手の店って、必ずありますよね。





こちらが江川さんの像。
006  江川さん(1)
反射炉を作った人でした。





で、3時過ぎに宿(伊東小涌園)に到着。
007  ホテルの部屋(1)
部屋は奥の和室と、





手前にはソファーがある広いお部屋。
008  ホテルの部屋2(1)
でもねぇ、夫婦での温泉旅行で部屋の鍵が1つしかないのはいただけません。





じっくり風呂を堪能した後、早速発泡酒で1杯!
009  麦とホップ(1)
中で買うと高いので、近所のマックスバリューで買ったものです。(持ち込み可確認済)





つまみは同じくマックスバリューで購入した揚げ塩落花生。
010  ピーナツ(1)
ビールが進みます。そうこうしているうちに、夕食の時間となりました。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ