FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
旅行編-贅沢の次は必ず チープ飯
旅行編-贅沢の次は必ず チープ飯
3/3(土)、箱根旅行から帰宅後の夕食は、例によって買って来たお惣菜で適当に。豪華な食事の翌日は必ずチープ飯が食べたくなるのです。こちらが買って来たものです。
251買って来たもの(1)
カップの焼きそばとレトルトのカレー、手羽元ガーリックチキンです。






まずは焼きそばを作りソースの代わりにカレーをかけます。
252カレーかけ(1)
ソースをかけるとしょっぱくなり過ぎるので。





一味唐辛子を大量投入。
253唐辛子(1)
やっぱりカレーは辛くなくちゃね。





カレーを麺に万遍無く絡めるように混ぜます。
254焼きそば完成(1)
ふりかけをかけて出来上がり。





全体はこんな感じ。
255全体(1)
カレー焼そばと黒玉子、小松菜と人参のナムル(妻作、木曜夜の残り)手羽元ガーリックチキン。





いただきま~す。モグモグモグ♪
256麺上げ(1)
うっ、旨い! カップ焼きそばと安物のレトルトカレーの組合せはまさにジャンクフードの極み。





ガーリックチキン。
257チキン(1)
にんにくの風味が効いていて美味。





ナムルです。
258ナムル(1)
野菜も食べないとね。





黒玉子。
259黒玉子(1)
ご存じ大涌谷名物。





味は普通の茹で玉子。
260玉子ナカ(1)
でもかすかに硫黄の香りがするところがやはり黒玉子ですね。





ウォーキングも趣味のみやけんがこの2日(金、土)で歩いた歩数は、
261歩数計(1)
34,610歩でした。おしまい。
スポンサーサイト
旅行編-自分用 土産に買った 黒玉子
旅行編-自分用 土産に買った 黒玉子
3/3(土)、妻と二人の温泉旅行2日目。ホテルから箱根湯本の駅まで歩き、登山電車に乗ります。
201電車(1)
昨日は通過した大涌谷観光に向かいます。





湯本出発時点で一番後ろの席に陣取ったおかげで、前面展望良好。
202スイッチバック(1)
珍しいスイッチバックの光景を堪能出来ました。





強羅からはケーブルカーに乗り換え。
203ケーブルカー(1)
早雲山駅到着。





ロープウェーで大涌谷へ。
204大涌谷(1)
噴火口からモクモクと湯気が立ち上る壮大な光景。





火山ガスのため、登山道は現在も通行止め。
205通行止め(1)
ちなみに大涌谷周辺は硫黄の匂いがスゴかったです。





登山道入り口のすぐ脇にある神泉の湯。
206紙泉の湯(1)
湯と書いてありましたがあまり暖かくありません。





延命地蔵尊。
207延命地蔵(1)
しっかりお参りしました。





箱根ジオミュージアムを見学。
208ジオミュージアム(1)
料金は100円と安いです。





これは2015年に大涌谷に新火口が出来たときの様子。
209噴火(1)
当時は一時立ち入り禁止になりました。





こちらは箱根一体の火山活動の様子。
210火山(1)
40万年前に遡ります。





こちらは硫黄の結晶。
211硫黄(1)
鮮やかな黄色をしています。





こちらでは名物の黒玉子を自分用のお土産に。
212黒玉子(1)
朝食バイキング(別途掲載)でお腹が一杯だったので、その場では食べれませんでした。





大涌谷の次は強羅公園に向かいます。
213強羅公園(1)
ケーブルカーを途中下車して徒歩1分。箱根フリーパスを見せれば入園料は無料になります。





正面にはヒマラヤ杉の巨木が。
214ヒマラヤ杉(1)
公園を作った時にイギリスから輸入したものとか。





大きな噴水があります。
215噴水(1)
ここは植物が有名らしいのですが、この時期に咲く花は少ないです。





クリスマスローズ展をやっていたので見に行ったのですが。
216クリスマスローズ(1)
意外と地味な花でした。





この後はまた登山電車にのって箱根湯本まで戻り、昼食後土産物屋を覗いてから帰宅しました。
217電車2(1)
やっぱり温泉はいいなぁ。次は5月頃に伊香保か鬼怒川にでも行こうかな。
旅行編-献立と 中身違うが まあいいか
旅行編-献立と 中身違うが まあいいか
3/2(金)、ホテル南風荘での夕食です。
180302-307夕食(1)
前菜類と食前酒。





お造りです。
180302-308刺身(1)
箱根は漁港のある小田原からも近い。(でも出て来るものが小田原港に水揚げされたものとは限りませんが。)





白魚。
180302-309白魚(1)
美味なり。





こちらがこの日のメニュー。
180302-310お品書き(1)
ところが、実際に出されたものと不一致のものがいくつかありました。旨かったから、まあいいか。





この手の細かいものは、いつも感心します。
180302-311前菜(1)
少量ずつ色々味わえるのがいいですね。





小鉢
180302-312梅(1)
梅の風味がさわやかでした。





食前酒で乾杯。
180302-313梅風味(1)
甘い梅酒でした。





鍋物
180302-314鍋(1)
豚肉、鱈、野菜の和風出汁仕立て。





焼物。
180302-315肉(1)
メニューでは魚だったのですが、この日は肉。でも旨かったから良しとします。





こちらもメニューでは桜鯛のはずでしたが実際には鰤。
180302-316鰤(1)
これも旨かったから良しとします。





揚物。
180302-317天ぷら(1)
この頃になると相当腹が膨らんできました。





〆のご飯に参りましょう。
180302-318ご飯のお友(1)
ふりかけ?っぽいものと香の物。





でもやっぱり最後は雑炊風に。
180302-319雑炊風(1)
〆はこれに限ります。ふ~っ、満腹、満腹。


南風荘旅館 / 塔ノ沢駅箱根湯本駅

夜総合点-

旅行編-しまったぁ! 値段確認 しておけば
旅行編-しまったぁ! 値段確認 しておけば
3/2(金)、時間は少し遡りますが、ホテルにチェックインの前。ホテル内の酒の値段が判らなかったため、酒を少し調達しておくことにしまた。買ったのはこちらのお店、「セブンイレブン」箱根湯本駅前店です。
180302-021セブン(1)
箱根湯本駅から強羅方面へ少し進んだところにある店。駅からホテルに向かう途中にありました。





買った物はこちら。
180302-022買った物(1)
チューハイと日本酒、バタピー。





飲みたかったのでチューハイはホテルに向かう道すがら空けます。
180302-023ストロング(1)
ゴクゴクゴク♪ プファ~、旨い!





ピーナッツは、いいアテになります。
180302-024ピーナツ(1)
豆類大好きですから。





ホテルの中の自動販売機の値段確認。
180302-025缶は400円(1)
500ml缶はビールが400円、のどごし300円と、観光地のホテルとしては比較的良心的。





ゴクゴクゴク♪
180302-026喉越し(1)
プファ~、旨い! 風呂上りののどごし生は最高だねぇ。





食事は部屋で摂る予定。食事の時に注文する酒を聞かれたのでとりあえずビールを頼んでいたのですが、部屋の飲物の値段を確認して愕然。
180302-027瓶750円(1)
しまったぁ。!! 注文する前に値段確認しとけば良かったよ。


セブンイレブン 箱根湯本駅前店その他 / 箱根湯本駅塔ノ沢駅

夜総合点-

旅行編-休暇取り 妻と二人で 温泉に
旅行編-休暇取り 妻と二人で 温泉に
3/2(金)は、休暇を取って妻と二人で温泉に。車をホテルに預け、登山電車で強羅へ。
180302-001強羅駅(1)
この日は大変天気に恵まれてラッキーでした。





ケーブルカー(写真なし)に乗った後、次はロープウェー。
180302-002ロープウェイ(1)
定番の箱根観光コースです。





ロープウェーから眺める風景。
180302-003風景(1)
絶景ですねぇ。





富士山もバッチリ。
180302-004富士山(1)
我が家から見える小さな富士山とは違う迫力。デカい。





山の斜面からはモクモクと湯気が。
180302-005大涌谷(1)
ロープウェーの中でも硫黄の匂いがしました。





ロープウェーを降りると、海賊船に乗船。
180302-006海賊船(1)
外はちょっと寒かったので、船室の中に入ります。





出港です。
180302-007出港(1)
船は一旦バックして、クルリと方向転換。





箱根町港に到着。
180302-008到着(1)
揺れることもなく、昼寝してたらあっという間でした。





箱根駅伝ミュージアムを見学。
180302-009駅伝ミュージアム(1)
ここは写真撮影禁止だったので内部の写真なし。





箱根関所。
180302-010関所入口(1)
江戸時代の箱根関を再現した施設です。





関所の門。
180302-011関所門(1)
立派な門構えですね。幕府の権威を象徴する目的で立派な門にしたのでしょうか。





建物の内部の様子。
180302-012関所その他(1)
こちらは役人が休憩している様子、かな?





関所の裏山の階段を登ります。
180302-013絶景(1)
こちらから眺める芦ノ湖の風景。絶景なり。





この後バスで湯本に戻り、ホテルにチェックイン。
180302-014南風荘(1)
みやけん夫婦が泊まったのはホテル南風荘。





こちらが部屋の様子。
180302-015部屋(1)
ゆったりした、広い部屋でした。





Wi-hiもバッチリ。
180302-016wifi(1).jpg
さ~て、温泉を楽しみましょうか。(続く)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ