FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
やっぱり牛はうまいね
No.0009
2008/4/12(土)の料理
さあ、今日もやってきましたいつものスーパー、ロ○ャース 大成店です。事前のチラシチェックの段階では今日の目玉は100グラム75円の豚挽肉。魚売り場にあったびんちょうマグロ(100グラム138円)にも惹かれましたが、まずは肉売り場を確認してから。おっ、肉売場に牛肩切り落としが100グラム95円で売っているではありませんか。これは買わない手はないでしょう。ただし1パックの重さが400グラム前後なので、これだけでは足りません。さっきのびんちょうマグロでもう一品つくりましょう。安物で筋があるかもしれませんので、ユッケ風にしてみましょうか。さらに野菜料理も加えましょう。ということで、今夜はこれ。

A牛肉と野菜と玉子の豆板醤炒め
牛肉と玉子とにらの炒め

<自己評価>うまいねー。脇役の玉ねぎがいい味出してます。

Bびんちょうマグロのユッケ風めかぶあえ
びんちょうマグロのユッケ風めかぶ和え

<自己評価>うまいねー。酒の肴、ご飯のおかずどちらでもいけますな。(娘曰く、玉子多いほうがいい。)
Cきゅうりと大根の浅漬け
きゅうりと大根の浅漬け

<自己評価>うまいねー。何度食べても食べ飽きない我が家の味です。
<今日の感想>やっぱ牛はうまいね。健康にはビタミンBの多い豚の方がいいらしいけど。

みやけん流作り方
A牛肉とニラと玉子の豆板醤炒め
材料:牛肉、ニラ、たけのこ(水煮、細長くスライスされたもの)、玉子、玉ねぎ、にんにく
1.牛肉は食べやすい大きさに切る。ニラは3、4センチに切る。玉ねぎはくし型に切り、にんにくは薄くスライスする。
2.小皿に豆板醤、醤油、酒、鶏がらスープの素を入れてよくかき混ぜ、合わせ調味料を作っておく。
3.玉子はかき混ぜ砂糖・塩少々で下味をつけ、中華なべを熱して油を加え、いり玉子を作り一旦皿に取る。(この日は玉子2個+下記Bで使った玉子の白身で作りました。)
4.中華なべを洗って熱し、油を加え、にんにくスライスと牛肉を加えて手早くいため、牛肉に完全に火が通る一歩手前で火からおろして一旦皿に取る。
5.再度中華なべを熱し油少々を加え、玉ねぎを炒め、火が通ったらたけのこ、ニラを加えて炒める。牛肉と玉子を中華なべに戻し、合わせ調味料を加えてよくかき混ぜたら出来上がり。
【この料理のポイント】炒め物はなんといっても強火で手早く。先に合わせ調味料を作っておくことで、仕上げ段階が手早くできます。また、牛肉には火が通りすぎないように他の材料とは別に炒めて、最後に合わせます。

Bびんちょうマグロのユッケ風めかぶあえ
材料:びんちょうマグロ、めかぶ、玉子(黄身)
1.びんちょうマグロは細長く切ります。
2.ボールに醤油とわさびを入れ、よくかき混ぜてわさびを溶かし、びんちょうマグロを加えて和えます。(ここで2、3分時間を置きます)
3.めかぶを加えてマグロと和え、中央を少し窪ませる感じで皿に盛り、中央に玉子の黄身を乗せて出来上がり。(食べるときに黄身をつぶして全体をかきまぜていただきます。)
【この料理のポイント】マグロは筋に対して直角に包丁を入れると筋が切れて食べやすくなります。めかぶと和える前に、わさび醤油で味をつけましょう。
Cきゅうりと大根の浅漬け
材料:きゅうり、大根、きざみ昆布
この料理はNo.0004で一度作っていますので、そちらをご参照。

スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.