FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
安い鶏胸肉をおいしく
No.0012
2008/4/20(日)の料理
今日もはっきりしない天気ですね。息子と吉野家で昼食後、車でやって来ましたいつものスーパー、ロ○ャース大成店です。今日の広告の品は豚ヒレブロック100グラム95と刺身用とろかつお100グラム150円でしたが、まずはいつものとおり、売り場を一周して目玉商品をチェックします。うーん、今日はいまいちですねー。先週に引き続き豚ロース切身100グラム90円なんていうのもあったのですが、昨日しょうが焼きだったせいか今日は豚肉の気分ではありません。かつおもこのあいだたたきを食べたばかりです。まあ、こういう日は無難に鶏肉の中でも一番安い胸肉100グラム58円を使いましょうかね。メインを鶏肉にすると、我が家の場合、鶏皮は私以外誰も食べないのですが、私も最近はメタボ予防策として鶏皮はあまり食べないようにしているので、鶏料理にする場合は皮をあらかじめ取り除き別料理のスープの出汁に利用することが多いのですが、冷蔵庫に残った古い大根の処分を兼ねて鶏皮出汁の野菜スープ、あと、これだけではボリュームが足りないので、副菜にもう1品厚揚げを使った料理を作りましょうということで、今夜はこれ。
A鶏胸肉のスパイシーソテー
鶏肉のスパイシーソテー

<自己評価>うまいねー。まさにスパイシーな香りが食欲をそそります。スパイス類を家に常備されていない方でも、カレー粉のみでもかなりいけると思いますよ。

B厚揚げと小松菜のからし炒め
厚揚と小松菜のからし炒め

<自己評価>うまいねー。小松菜も厚揚げもからしとの相性抜群です。

C水菜と大根と玉子のスープ
水菜と大根と玉子のスープ

<自己評価>うまいねー。水菜のシャキシャキがいかにも野菜食べてる感がします。
<今日の感想>鶏の胸肉は安いんですけど、やっぱりもも肉と比べるとちょっとパサパサ感がありますよね。でもこうゆう炒め物にすると結構パサパサ感が薄れて、いいおかずになります。

みやけん流作り方
A鶏胸肉のスパイシーソテー
材料:鶏胸肉、にんにく、スパイス類(今日使ったのはナツメグ、シナモン、クミン、オールスパイス、カレー粉、胡椒)大葉(盛り付け用)
1.鶏肉は皮の部分をはずし(捨てない)、薄目の削ぎ切りにする。
2.ボールににんにくのすりおろし、スパイス類、酒、塩を入れて混ぜ、ペースト状にする。
3.鶏肉をボールに入れ、満遍なく混ぜ合わせて冷蔵庫に2-3時間置いてなじませる。
4.フライパンを火にかけ、油を加えてよく熱して鶏肉を焼き、中まで火が通ったら出来上がり。
【この料理のポイント】鶏肉とスパイスを混ぜるときは、手でこねるようにしてしっかりなじませましょう。

B厚揚げと小松菜のからし炒め
材料:厚揚げ、小松菜、からし、ラーメンスープの素(とりがらスープの素、コンソメキューブなどでもよい)
1.厚揚げは一口大に切る。小松菜は洗い、適当な大きさに切り分けて茎の部分と葉の部分に分ける。
2.からしを酒少々とラーメンスープの素で溶いて合わせ調味料を作っておく。
3.中華鍋を火にかけ、油を加えてよく熱し、小松菜の茎の部分を炒め、全体に油が回ったら厚揚げと小松菜の葉の部分を加えてさらに炒め、合わせ調味料を加えて全体を混ぜ合わせて出来上がり。
【この料理のポイント】小松菜は茎と葉の部分とでは火の入り方が違うので、茎の部分を先に炒めます。合わせ調味料を加えてからは、あまり煮過ぎないように。(からしの辛味成分は揮発性があるので、煮すぎると蒸発してしまいます)

C水菜と大根と玉子のスープ
材料:大根、水菜、しいたけ、玉子、鶏皮(出汁用)、昆布
1.鍋に水を張り、昆布を入れて戻す。昆布が戻ったら、食べ易い大きさに切って鍋に戻し(昆布は具として食べます)、鶏皮を加えて火にかけ、沸騰したらアクを取る。
2.大根は皮を剥きいちょう切りにし、しいたけは薄切りにして鍋に加え、しばらく煮込む。
3.水菜は洗って適当な長さに切る。
4.ラーメンスープで味付けして水菜を加え、水菜に火が通ったらとき玉子を回しかけ、玉子が煮えたら出来上がり。
【この料理のポイント】みやけんはこの日はラーメンスープ(他の日の料理で使った生ラーメンについているスープ。みやけんは冷蔵庫にストックしています。)を使いましたが、ラーメンスープがない場合はとりがらスープの素やコンソメキューブ等で補い、醤油少々、塩で味付けしてもおいしいです。昆布は残さず食べましょう。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.