FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
No.1,231 久々に しみじみ旨し 牛蒡汁
No.1,231 久々に しみじみ旨し 牛蒡汁
2018/9/24(月、秋分の日の振替休日)の料理
今日のメニュー:左から鰹のタタキ、野沢菜ちりめんおろし、牛蒡汁
200  全体(1)





今日のさいたまは曇り。ウォーキングコースの大宮公園の上空は、分厚い雲に覆われています。
201  公園の空(1)
湿気が多く、真夏程ではありませんが、蒸し暑い日。それでも夕方になると多少涼しくなりました。さすがにもう秋。





大宮公園の一角では、彼岸花が満開です。
202  ヒガンバナ(1)
やはり名前のとおりお彼岸の頃に咲くのですね。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日は月曜だったので広告のチェックをし忘れ、出たとこ勝負。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、焼魚系一品と牛蒡汁、後は野沢菜ちりめんでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、鰹のタタキが100g99円です。これは買いでしょう。焼魚は止めてメインは鰹にしましょうか。というわけで、今夜はこれ。





「鰹のタタキ」
211  にんにく煮(1)
まずはみじん切りのにんにくをオリーブオイルで煮ます。オイルににんにくの香りを移すような気持で弱火でじっくりと。





にんにくのオリーブオイル煮、ポン酢醤油、おろし生姜を合わせてみやけん特製タレを作ります。
212  鰹タレ(1)
このタレが鰹を美味しくするのです。





鰹を切って皿に並べ、特製タレをかけます。
213  鰹途中(1)
全体にまんべんなくかけるようにするのがコツ。





刻みネギ、刻んだ大葉、かいわれを散らして出来上がり。
214  鰹完成(1)
特製たれとたっぷりの薬味で食べる鰹は最高!





「牛蒡汁」
221  牛蒡煮(1)
まずは昆布と牛蒡、人参を煮ます。沸騰したらアクをすくってほんだしと鶏がらスープの素をパラリ。




大根と椎茸を投入。
222  大根投入(1)
野菜が柔らかくなるまで弱火でコトコト煮込みます。





厚揚げを加え味噌で味付けし、なめこを加えて一煮立ちして出来上がり。
223  牛蒡汁完成(1)
真夏の暑い間は汁物を控えていたので久しぶりでしたが、牛蒡の風味がしみじみ旨い!豚肉が入っていたら豚汁なんでしょうけど、肉はなし。これは牛蒡が主役の牛蒡汁。





「野沢菜ちりめんおろし」
231  野沢菜ちりめんおろし(1)
大根おろしに市販の野沢菜ちりめんを乗せたものです。野沢菜ちりめんに味がついているのでそのままいただきました。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
281  今日の食材(1)
今日の支払金額は、税込1,399円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの3連休に歩いた歩数は、
291  歩数計(1)
85,361歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.