FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
あらら、焦がしてないのになぜか真っ黒
No.0014
2008/4/27(日)の料理
今日はいい天気です。朝方こそ少し曇っていましたが、昼前には太陽が顔を出し、すっかり春モードになっています。いつものとおり、息子と吉野家の昼食後、車でいつものスーパー、ロ○ャース大成店へやって来ました。事前のチラシチェックによれば、今日の目玉商品は豚ももブロック100グラム85円ですが、今日の料理にはこれは使いません。というのは、昼食前に今夜はカレーにしたいと妻に言うと、カレーは火曜日がいいとのこと。息子(高3)が通っている予備校は、祝日にもかかわらず次の火曜日は授業があり帰りが遅くなるので、暖め直すだけで済むカレーが都合よいというのです。従って豚ももブロックは火曜日のカレーのために買って冷蔵庫で保管することとし、とりあえずゲットした後、改めて売り場を一周しますが今日は他にこれというものがありませんねー。迷ったあげくメインには肉売り場で一応「広告の品」の札の出ている豚こま100グラム98円を使って柳川風にしてみましょうか。あと何となく辛いものが食べたい気分だったので、もう一品は、豆腐を使って韓国風チゲにしようかな。ということで、今夜はこれ。
A豚肉の柳川風
豚肉の柳川風

フライパンに玉子を流し込んだところ。この写真ではあまり分かりませんが、この後お皿に盛ると大変なことに。従って皿に盛ったところの写真はありません。
<自己評価>まあ、普通かな。味はそんなに悪くないんだけど、ごぼうと鉄のフライパンが化学反応を起こしたらしく、真っ黒に(逆にフライパンはピカピカに)なってしまいました。以前フライパンに入れたまま数時間置いといて同じようなことがあったのですが、今回はごぼうを入れてから5分も煮ていないので、驚きました。色合いも料理のうちという意味で、我ながら辛口評価。

B豆腐チゲ(味噌キムチ味)
豆腐チゲ(味噌味)

出来上がり直前です。中央の赤いのは、キムチのとうがらしペーストみたいなものです。
<自己評価>まあ、普通かな。キムチの素を加熱すると結構臭いということを発見しました。キムチの鍋の素を使った方が良かったかな。
<今日の感想>まあ、こういう日もあります。次の火曜日(昭和の日)に乞うご期待。
みやけん流作り方
A豚肉の柳川風
材料:豚コマ切れ肉、ごぼう、玉子
1.豚肉は食べやすい大きさに切る。ごぼうはピーラーで表面を薄く削いでゆき、酢を加えた水にしばらく漬けたあと、水気を切っておく。
2.玉子は割りほぐす。
3.フライパンにそばつゆの素、酒、水を適量入れ、沸騰させて割り下を作る。
4.豚肉とごぼうを加え、火が通ったら玉子を回しかけ、玉子が固まったら出来上がり。
【この料理のポイント】割り下は玉子で薄まることを計算してやや濃い目に。みやけんは今回ふわっとした食感を出したかったのでごぼうはピーラーで削りましたが、ごぼうの硬い食感が好きな方は包丁でお好みの厚さに切りましょう。それと、鉄のフライパン使っている人は煮ているうちに真っ黒になるので注意しましょう。(今時鉄のフライパンを使っている人はほとんどいないと思いますが。)

B豆腐チゲ(味噌キムチ味)
材料:豆腐、野菜(この日は水菜ともやし)舞茸、昆布、にんにく、キムチ
1.もやしと水菜は洗い、水菜は根元の部分を切り落として食べやすい長さに切る。
2.鍋に水を張り、昆布を入れて戻す。昆布が戻ったら食べやすい大きさに切り、鍋に戻して火にかける。
3.沸騰したら、にんにくのスライス、とりがらスープの素、キムチの素を加え、味噌で味付する。
4.食べやすい大きさに切った豆腐と野菜、舞茸を加え、ひと煮立ちしたらキムチを加えて出来上がりり。
【この料理のポイント】安く上げるためとりがらスープの素+キムチの素を使いましたが、最初からキムチ鍋スープを使った方がいいかもしれません。味噌を加えたら、あまり沸騰させないように。今日は野菜はもやしと水菜を使いましたが、野菜はお好みで好きなものでいいと思います。


ランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、どうぞクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.