みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
とろろご飯で、日本人に生まれてよかった~の気分
No.0017
2008/5/4(日)の料理
うーん、今日もいまいちはっきりしない天気ですねー。息子と吉野家で昼食後、買い物のためいつものとおりロ○ャース大成店へやって来ました。チラシでは今日の広告の品は、刺身用とろかつおとサーモンがいづれも100グラム150円ですが、今日は何となく麺を食べたい気分でもあったので、メニューは全くの白紙状態です。いつものとおり売り場を一周して掘り出し物を確認します。お、刺身用きはだまぐろ100グラム95円がありますね。これは要チェックです。
(↓こんなのです。)
きはだまぐろ

この店では、チラシに載っていない超お買い得商品を置いていることも多いので、メニューが決まっている場合以外は売り場のチェックは欠かせません。もうひとつ、魚売り場に見るからに旨そうないか天(てんぷらではなく、さつま揚げの方です。)の大きなのが3枚で350円というのもあります。
(↓こんなのです。)
いか天

さらに肉売り場を見ると、豚ももブロック100グラム83円というのもありました。うーん、この豚肉でチャーシューを作ってチャーシューメンというパターンも捨てがたい。でもまぐろと麺では、両方というのは無理です。迷ったあげく、昨日はメインが豚肉だったことと、まぐろが大きく(500グラム超)刺身だけでは単調と思っていたところちょうど長いもの見切り品を安売りしていたこともあり、まぐろを選択しました。副菜には先ほどのいか天を使った一品と、野菜料理として春キャベツを使った一品を作りましょうか。ということで、今夜はこれ。

Aまぐろの刺身
まぐろの刺身

この料理は、妻の一言(明日子供の日だから、お寿司がいいんじゃない)の命令 提案検討の結果、冷蔵庫に直行(明日へ順延)です。従って自己評価もありません。

B(まぐろ入り)めかぶ納豆とろろ
まぐろ入り納豆めかぶとろろ

出来上がりの丼に入った状態です。これを各自スプーンですくって食べるのです。
<自己評価>うまいねー。まぐろと長いもの相性抜群です。ご飯の上にかけて適当に混ぜながらいただきますと、ああ、日本人に生まれて良かったの気分です。

C焼きさつま揚げのしょうが醤油
焼きさつま揚げのしょうが醤油

お皿に盛り付けたところ。写真ではよく分かりませんが、ねぎの下にしょうが醤油がかけてあります。
<自己評価>うまいねー。香ばしく焼けています。たぶん素材が良かったのでは。予想に反し息子がバクバク食べていました。

D(肉なし)キャベツポトフ
肉なしキャベツポトフ

鍋で煮込んでいるところ。肉類を入れない、野菜だけのあっさりポトフです。
<自己評価>うまいねー。キャベツの自然の甘みが最高です。
<今日の感想>今日は割と見た目は質素ながら毎日でも食べれる味という意味で大満足。
作り方とポイントを見たい方は「続きを読む」をクリックしてください。


料理ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、クリックしてみて。
FC2 Blog Ranking

さらによろしければ、こちらにも。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
みやけん流作り方
Aまぐろの刺身
まあ、切るだけなので、料理というほどのものではありません。
【この料理のポイント】筋がある場合は、なるべく筋の部分取り除くか、筋を切るような方向に包丁を入れましょう。

B(まぐろ入り)めかぶ納豆とろろ
材料:まぐろ、長いも、めかぶ、納豆、玉子
1.まぐろは小さめの角切りにし、わさび醤油で和えて2~3分置く。
2.長いもは皮を剥いてすりおろし、そばつゆの素、醤油で味をつける。
3.納豆はたれとからしを加えてよく混ぜる。
4.長いもに納豆、めかぶ、玉子、まぐろを加えてよく混ぜて出来上がり。
【この料理のポイント】まぐろはあらかじめわさび醤油で和えておきます。これをしないとまぐろを食べたとき味がしません。

C焼きさつまあげのしょうが醤油
材料:さつま揚げ、しょうが
1.さつま揚げを適当な大きさに切り、フライパンで両面にやや焦げ目がつく程度に焼く。(油はひかない)
2.さつま揚げを皿に盛り、すりおろしたしょうがを載せ、醤油をかけて細切りのねぎ(白髪ねぎでもよい)を散らして出来上がり。
【この料理のポイント】フライパンは油をひかなくても大丈夫。あつあつが食べれるよう、お皿は温めておきましょう。(みやけんは次の料理の鍋の上で温めました)

D(肉なし)キャベツポトフ
材料:キャベツ、にんじん、しいたけ、昆布
1.鍋に水を張り、昆布を入れて戻す。昆布が戻ったら、食べやすい大きさに切る。
2.キャベツ、にんじんは食べやすい大きさに切る。しいたけは石づきを取り除き、軸の部分を切り離す。
3.鍋を火にかけ、沸騰したらコンソメキューブととりがらスープの素、野菜類を加え、一旦沸騰させたら弱火にして約1時間煮込む。
4.スープを味見し、塩胡椒で味を調えて出来上がり。
【この料理のポイント】コンソメキューブやとりがらスープの素には結構塩分が含まれています。煮込んでいるうちに水分が蒸発して煮詰まるので、味付けは最後に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ