FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
めずらしく、お昼は家で
No.0020
2008/5/10(土)の料理その1(昼)
今日は、妻から「昼に(賞味期限切れの)生ラーメン食べてね」指令が出されたので、お昼は家で作って食べることに。
普通に作ってもいいのですが、2人前入りの袋なのでボリュームがあるため、ひとひねりしてつけ麺にすることに。
Aわかめつけ麺(みそとんこつ味)
つけめん

茹で上がった麺と
つけめんの出汁

つけ汁。
<自己評価>まあ、普通かな。麺はこしがあってなかなか。つけ汁に入れたわかめの戻りが悪かったのがちょっと難点だったけど、それ以前の問題としてつけ汁がちょっといまいち。市販のものにお湯を注ぐだけではやはり限界がありますね。
<今日の感想>昼間無理に食べないで夜に麺料理にした方が正解だったかも。麺はやはり2人前はボリュームがありすぎですね。メタボ予防の観点から1/3ほど残して夜に転用することにしました。なお、使わなかったスープ1袋は他の料理で使用するため冷蔵庫へ入れました。

作り方とポイントは追記に記載しています。
(「続きを読む」をクリックしてください。)


料理ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、クリックしてみて。
FC2 Blog Ranking

さらによろしければ、こちらもどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
みやけん流作り方
Aわかめつけ麺(みそとんこつ味)
材料:市販の生ラーメン、乾燥わかめ、ねぎ
1.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら生ラーメンを所定の時間茹でる。
2.茹で上がった麺をざるにあけ水にさらして冷やし、よく水気を切って皿に盛る。
3.別の入れ物に生ラーメンのスープの素と乾燥わかめを入れ、沸騰したお湯を注ぎスープを溶かしてねぎを散らして出来上がり。
【この料理のポイント】麺の水気はよく切ること。スープはラーメンよりも濃い目にするとよいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.