FC2ブログ
みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
番外編-横浜で隠れ博多ラーメン
番外編-横浜で隠れ博多ラーメン
9月10日の午前中は横浜で仕事がありました。相鉄線の鶴ヶ峰駅近くでの仕事を終え、横浜駅に戻ってくると時刻は12時過ぎ。猛烈にお腹が空いてきたので、ここでお昼を食べることにします。この日は結構涼しかったので、麺類に狙いを絞って横浜駅西口をウロウロします。
狭い路地の中に一軒のラーメン屋を発見しました。
横浜ハイハイ楼さんです。(横浜は旧字体)
090910-2横浜ハイハイ楼(縮小)
昔風に右から左へ書いてあるレトロ帳の看板なので、見た目にはラーメン屋には見えないのですが、メニューを見てラーメン屋だと分かりましたので、さっそく突撃してみます。
カウンターに陣取り、メニューを見て、店長お勧めと書いてあるハマミソ麺を注文します。
この店ではランチタイムは中ライスかチャーシューライスを無料で付けられるというので、チャーシューライスも注文です。

しばらくすると、出てきました。
ハマミソ麺+チャーシューライス 700円(紅しょうがはみやけんが乗せました。)
090910-1ハマミソ麺(縮小)


ハマミソ麺というネーミングからはどんなタイプのラーメンなのかわかりませんでしたが、カウンターには紅しょうがが置いてありますし、届いたラーメンを見ると細いストレート麺に辛子高菜のトッピング。
これはまぎれもなく博多系のトンコツラーメンですね。
スープを一口すすってみると、やはりトンコツ系のスープでみそラーメンを作りました、という感じです。
替え玉もあるようで、カウンターの反対側に座った人が替え玉を注文しています。
博多系のストレートの細麺は久しぶりでしたが、細い割に十分コシがあるおいしい麺です。ただちょっとスープがしょっぱいのが難点といえば難点でした。
辛子高菜は結構大量に入っていたので、ごはんに乗せてさらにチャーシューも乗せてスープをちょっとかけて食べるとこちらもかなりおいしかったです。
外観からは想像つかない隠れ博多ラーメンでした。
博多系なら博多系であることを前面に出しても良さそうなものですが、やはり競争が厳しくて何か特色を出そうとしたのでしょうか。
ちなみに道路を挟んで斜め向かいに博多系トンコツを前面に押し出したようなラーメン屋があり、そちらは満席でした。

ラーメンとチャーシューライスですっかり満腹になったみやけんは、上機嫌で会社に戻ったのでした。おしまい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.