みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
外呑み編-新業態!? おしゃれな感じの「もつ焼屋」
外呑み編-新業態!? おしゃれな感じの「もつ焼屋」
10/17(金)は、外呑みを敢行。相変わらず仕事が忙しく、朝7時前に会社に着き、仕事を終えて会社を出たのが8時過ぎ。
腹は減っているのですが会社の近辺の八重洲の店は値段が高いし、会社の人に見つかるのが嫌なので、この日もとりあえず赤羽に向かいます。
いろいろ店を物色しますが、さすが赤羽金曜夜9時、どこも満席状態。飲み屋街の外れの方にカウンターが空いている店を見つけ、入店することにしました。「闇市」です。
141017-001闇市(S)
この店、外観は洋風でおしゃれな感じなのですが、店頭のメニューは紛れもなくもつ焼き屋さんなのです。





酒のメニューを眺めます。
141017-002酒メニュー(S)
ああっ、良かった。ホッピーが380円ですよ。黒もあるということなので、当然黒ホッピーを注文します。





すぐに黒ホッピーが登場します。
141017-003黒ホッピー(S)
ナカはグラスインで、量はやや少なめかな。





お疲れさん、と一人乾杯! ゴクゴクゴク♪
141017-004乾杯(S)
プファ~、旨い! 仕事帰りの黒ホッピーは最高だねぇ。





お通しです。
141017-005お通し(S)
乾燥バナナ入りミックスナッツとポテサラ。





食べ物のメニューを眺めます。
141017-006食べ物メニュー(S)
カウンターの端、みやけんの目の前で煮えている大鍋がどうやら名物の「闇鍋」の様子。みやけんは「牛すじ」と、あとは焼物4本を注文します。





牛すじが登場します。
141017-007牛すじ(S)
見た目通りの甘辛の醤油味、トロトロの食感が牛すじ好きには堪りません。





続いて焼物登場。これはタンとハツ。
141017-008ハツタン(S)
肉はジューシーで塩加減も絶妙。これは旨い。





こちらはレバとカシラ。
141017-009レバカシラ(S)
レバは中がレア状態の一番いい焼き加減。これは絶品です。





ナカお代わりして黒ホッピーを2杯飲んだ後は、バイスに切り替え。
141017-010バイス(S)
最近はホッピー→バイスがマイブーム。


バイスを飲み干したところでお会計。ここは2,170円でした。
店内の雰囲気は洋風で若者向け、客層も若い人が多く、テーブル席ではワインを飲んでいる人がいるという、従来の「もつ焼屋」のイメージとは程遠い店。
もつ焼屋の一種の新業態と言っていいかもしれません。確かにこの方が若い人や女性には受けがいいんだろうなぁ。
さ~て、地元の大宮に戻って、もう1軒寄っていきましょうか。(続く)



闇市居酒屋 / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ