みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
旅行編-最後だと 地ビール三種 飲み比べ
旅行編-最後だと 地ビール三種 飲み比べ
5/16(土)、鳥羽駅に戻ったみやけん夫婦は、夕食は電車の中で食べる予定なので駅弁を捜します。しかし駅弁は三種類しかなく、リーズナブルではないものばかり。しかたなく弁当はコンビニ弁当にして、その代わり駅で売っていた三種類の地ビールを飲み比べすることにしました。こちらが買ってきた地ビール三種です。
150516-201地ビール3種(S)






ビールのアテにはバタピーを用意。
150516-202バタピー(S)





ではまず伊勢ピルスナーから。ゴクゴクゴク♪
150516-203伊勢ピルスナー(S)
うっ、旨い! フルーティな香りがいいですねぇ。





神都麦酒は、キレのある旨さ。
150516-204神都麦酒(S)






神楽麦酒は、飲みごたえあるタイプ。
150516-205神楽(S)
みやけん的には、神楽麦酒が一番好み。ちょっと重たい感じなので、一般受けはしないかも。





ビールの飲み比べの後は、弁当です。
150516-206カツ丼(S)
ファミマのカツ丼。感心したのは、アタマとご飯の間にフィルムがあって、ツユがご飯に滲み過ぎないようになっていること。





フィルムを引き抜いて、準備OK。
150516-207フィルム抜き(S)






いただきま~す。モグモグモグ♪
150516-208カツ上げ(S)
うっ、旨い! さすがにサクサク感は皆無ですが、これはこれで十分イケます。





トロトロの玉子も旨い。
150516-209玉子上げ(S)
レンチンしてもらっても柔らかいのは、何か仕掛けがあるのでしょう。味も純粋に玉子だけではないように思えました。


この後みやけん夫婦は名古屋で新幹線に乗り換え帰宅。2泊3日の伊勢志摩旅行が終わりましたとさ。おしまい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ