みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
外呑み編-驚いた 初泡盛の キレの良さ
外呑み編-驚いた 初泡盛の キレの良さ
1/29(金)、「酒蔵 力」大宮南銀店を出たみやけんが向かったのはこちらのお店。「いづみや 第二支店」です。
160129-021いづみや(S)
御存じ大宮のランドマーク、大宮と言えばいづみや。個人的には「大宮の宝」と呼んでいます。





壁のメニュー。
160129-022いづみや壁メニュー(S)
相変わらずいい雰囲気です。メニューを見ながら次は何を頼もうかといろいろ画策するのが至福の時。





でもやっぱり最初に頼んだのは黒糖焼酎。
160129-023黒糖焼酎(S)
みやけんの好みに反する極甘系のお酒ながら、これだけは甘さも許せる。





イカ一夜干しです。
160129-024イカ一夜干し(S)
イカ好きなので、あれば必ず頼む1品。





この店でイカ焼を食べる時は、七味醤油マヨしかありません。
160129-025七味醤油マヨ(S)
マヨの醤油を垂らし、七味をたっぷりと振って準備OK。





いただきま~す。モグモグモグ♪
160129-026イカ上げ(S)
うっ、旨い! やっぱりここの一夜干しはいいなぁ。





レバ焼塩です。
160129-027レバ塩(S)
レバーが食べたくなったので。





モグモグモグ♪
160129-028レバ上げ(S)
うっ、旨い! さすがにレアではありませんが、焼き過ぎ一歩手前の丁度良い焼き加減は秀逸。





黒糖焼酎を飲み干したところで、次に何を呑むかを検討。
160129-029酒メニュー(S)
琉球泡盛の文字を見つけ、注文してみました。





他の焼酎の類と同様に、受皿にこぼしてくれます。
160129-030泡盛(S)
(少なくともこの店では)泡盛は初めて。飲んでみると、何ともキレの良い素晴らしい酒です。


泡盛を飲み干したところで、この日はこれにて終了。
みやけんはこの後真っ直ぐに帰宅しましたとさ。おしまい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ