みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
No.0962 冬坊主 纏う緑の 薄衣
No.0962 冬坊主 纏う緑の 薄衣
2016/4/17(日)の料理
今日のメニュー:左から海老と帆立ときのこのにんにく炒め、刺身こんにゃく(昨日作ったもの)、激辛辛子高菜、豆腐キムチチゲ
160417-200全体(S)






今日のさいたまは曇り一時雨後晴れ。ウォーキングコースの大宮公園上空は、分厚い雲に覆われています。
160417-201空T(S)
何故か風が異常に強くまるで台風かと思う程。でも午後には天気も回復し、晴れ間が覗きました。





NACK5スタジアム大宮前の大銀杏。
160417-202大銀杏T(S)
冬の間は葉が落ちて丸坊主だった大銀杏も、いつの間にか薄い緑の衣を纏っています。近付いてみると新しい葉は大きさはまだまだ小さいのですが、ちゃんと銀杏の葉の形をしています。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、特になし。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、刺身系か、あるいはあさりやイカの類を使って一品と、豆腐キムチチゲでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。魚介を物色しますがイカとあさりはイマイチ。ベビー帆立と剥き海老があったので、きのこと一緒ににんにく炒めにすることに。というわけで、今夜はこれ。





海老と帆立ときのこのにんにく炒め
160417-211にんにく煮(S)
まずはスライスしたにんにくをオリーブオイルで煮て香りを出します。






海老、帆立を炒め、一旦ボウルに取ります。
160417-212海老帆立(S)
海老は火の通し過ぎ禁物なので。





きのこ(しいたけ、ぶなしめじ、えのき)を炒めます。
160417-213きのこ(S)
酒を振って蒸し煮にして、きのこが柔らかくなったら海老と帆立を戻し醤油で味付けします。





器に盛って、削り節と韓国海苔をトッピングして出来上がり。
160417-214完成(S)
このトッピングが大正解。にんにくの風味ともよく合い相乗効果が。





豆腐キムチチゲ
160417-221出汁(S)
まず出汁が良く出るように細切りにした昆布ととりがらスープの素、ほんだしで適当に出汁を作ります。





キャベツともやしと豆腐を投入。
160417-222野菜豆腐煮(S)
野菜が煮えたら、後でキムチの塩気が加わることを考えて味噌で薄目に味付け。





キムチとニラを加え、一煮立ちしたら出来上がり。
160417-223完成(S)
このまま鍋毎食卓に運ぶのがみやけん流。





激辛辛子高菜
160417-231激辛辛子高菜(S)
市販の高菜漬けに、一味唐辛子を大量にぶち込んだものです。時々無性に食べたくなるんです。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
160417-281今日の食材(S)
今日の支払金額は、税込1,008円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの週末(土、日)に歩いた歩数は、
160417-291歩数計(S)
69,366歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一度ハマると
seoulpekoさん、こんばんは。
みやけん的には、日本人が唐辛子を食べなさ過ぎるんです。(笑)
唐辛子は一度ハマると絶対抜け出せません。
2016/04/18(月) 20:12:15 | URL | みやけん #-[ 編集]
コチュカリュ!
みやけんさん

おはようございます
みやけんさんにはコチュカリュ(唐辛子の粉)
が韓国人並みに必要ですね!
最近私も、一味唐辛子ファンになってしまっています。
韓国駐在で開花してしまいました^^
2016/04/18(月) 09:42:15 | URL | seoulpeko #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ