みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
旅行編-金箔で 値を吊り上げる 観光地
旅行編-金箔で 値を吊り上げる 観光地
5/26(木)は、休暇を取って妻と2人で金沢・和倉温泉に2泊3日の旅行です。
160526-201鼓門(S)
金沢駅に着くと、早速駅前のこちらへ。鼓門です。






すぐ近くには、こんな蘊蓄が。
160526-202蘊蓄(S)
北陸新幹線開業と同時に出来たものだとばかり思っていたのですが、実はもう10年以上前からあったんですね。





みやけん夫婦が訪れた翌週が金沢百万石祭りだった模様。
160526-203百万石祭り(S)
祭りとバッティングしなくて良かったなあ。





さて、今日明日はベタな金沢観光です。
160526-204近江町市場(S)
まず向かったのは近江町市場。こちらで昼食を摂る作戦です。(昼食の模様は別途掲載)





昼食後近江町市場を観光した後向かったのは東茶屋街。
160526-206東茶屋通り(S)
昔ながらの街並みがいいですね。





昔の建物の内部を見学出来る施設もあります。
160526-207建物内部(S)
昔の建物は天井が低いなあ。





金箔で覆われた「黄金の蔵」もありました。
160526-208黄金の蔵(S)
もちろん金箔を使った製品を売る店の客寄せパンダみたいなものです。





次に向かったのは、兼六園。
160526-209兼六園(S)
金沢と言えば、ここは絶対外せないですね。





団体ツアーではないのですが、旅行会社で申し込んだのでサービスで茶店で団子をいただきます。
160526-210団子(S)
甘いものが苦手なみやけんは、甘くない味噌の団子。同じ物が3本という条件でしたが、1本だけいただいて、残りは翌朝の朝食に回しました。





金箔入りのお茶。
160526-211お茶漬け(S)
抹茶かと思いきやこれが昆布茶で味は永谷園のお茶漬け海苔そっくり。





二股になっている有名な灯篭
160526-212灯篭(S)
名前忘れましたけど。





さすがに兼六園の風情は素晴らしい。
160526-213池(S)






石川県立伝統産業工芸館。(兼六園の中からも出入り可能、入館料260円)
160526-214工芸館(S)
伝統工芸品は確かに素晴らしい作品が多いし、それだけ手がかかっているのは十分認識出来るのですが、いかんせん高い。





成巽閣
160526-215成巽閣(S)
江戸時代の建物のようですが、入館料が高い(700円)ので入らず。




兼六園を出ると、続いて隣接する金沢城公園に。
160526-216金沢城(S)
意外にもこちらの方が兼六園よりも広かった。





前田利家の像。
160526-217前田利家像(S)
被り物が金色だったのはさすが百万石のお殿様。





すでにこの日の販売は終わっていましたが、金箔を使ったソフトクリームが。
160526-218金箔ソフト(S)
他にも金箔入りのお酒とかもありましたが、金は金属。味に影響しないものを食べ物に加えて値段を吊り上げるのはみやけん的にはあまり関心しません。


ホテルにチェックインしてちょっと一服後、金沢駅方面に夕食に。(続く)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ