みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
旅行編-温泉で 腹の脂肪に 愕然と
旅行編-温泉で 腹の脂肪に 愕然と
5/27(金)、金沢・和倉温泉旅行2日目にまず向かったのはこちら。金沢21世紀美術館です。
160527-202 21世紀美術館(S)
事前の天気予報では雨の可能性が高かったので、初日は屋外、2日目は屋内中心の金沢見物を想定していたのですが、心配していた雨は朝方には上がったようでラッキーでした。





着いたのは9:20頃。建物自体の開館は9時なのですが、市民ギャラリーを含め作品の展示室は10時から。仕方ないので、建物内を一周しているとこんなものが。
160527-203エレベーター(S)
これ、実はエレベーターなんです。エレベーターって、普通上からワイヤーで吊るすものですが、このエレベーターは油圧式で下から押し上げる構造なので、上には何もありません。





屋外にあった作品。
160527-204作品カラー(S)
これははっきり言って。意味不明。





屋外の作品その2
160527-205作品その2(S)
これは子供の遊具にしか見えません。現代アートというものはみやけんには理解出来ないものが多いので、次の観光場所に行くことに。





次に向かったのはこちら。石川県立歴史博物館、加賀本多博物館です。
160527-206歴史博物館(S)
みやけんは博物館が大好き。





こちらの博物館は赤レンガ造り。
160527-207赤れんが(S)
戦前は陸軍の兵器庫だったそうな。





博物館の収蔵品は撮影禁止なので、写真なし。
160527-208なり切り(S)
この写真は撮影OKのなり切り写真で、絵の中の顔の部分だけ自分の顔を入れることが出来るというもの。観光地によくある、穴から顔を出すヤツとは仕組みが違います。





次に向かったのは石川県観光物産館。
160527-210産業館(S)
早い話が公立の土産物屋?





金沢は金箔で有名ですが、達磨も黄金色。
160527-211だるま(S)
値段もびっくり。





昼食(別途掲載)後向かった、武家屋敷の街並み。
160527-212武家屋敷の街並み(S)
この一角には江戸時代の武家屋敷の風情がしっかり残っています。





武家屋敷跡
160527-213武家屋敷跡(S)
ここは一般観光客に公開されている建物です。





入り口はこんな感じ。
160527-214野村家(S)
入場料?550円也。バスの一日フリーパス割引があるのに気付いた時は後の祭り。





当時のこの屋敷の当主が使っていた本物の甲冑のようです。
160527-215甲冑(S)
かなり重そう。





上段の間。
160527-216上段の間(S)
当時としては最高級の豪華な作りとのこと。





庭の様子。
160527-217庭(S)
いい風情です。





池が縁側のすぐ下に。
160527-218鯉(S)
これは特に夏場は涼しげでいいですね。





本物の日本刀。
160527-219刀(S)
切れ味よさそう。





金沢駅に戻り、電車に乗って和倉温泉に向かいます。
160527-220電車(S)





1時間弱で和倉温泉駅に到着。
160527-221和倉温泉駅(S)
何と輪島塗の駅名標。





部屋からは能登大橋が見えました。
160527-222橋(S)






温泉街を散策。飲める温泉があったので口にしてみるとショッパイ!!
160527-223飲める温泉(S)
部屋に戻ると早速温泉に。風呂も海に面していて素晴らしい眺望です。でも普段自宅で風呂に入るときはメガネかけないみやけん、温泉ではメガネをかけて入りますが、洗い場の鏡に映る腹の回りの脂肪に愕然としてしまうのでした。(夕食に続く)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ