みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
外食編-ラーフェスに ハチゴーマルの 価値あるか 牛骨塩ラーメン@餃子の王将/浮間舟渡
外食編-ラーフェス(ラーメンフェスティバル)に ハチゴーマル(850円)の 価値あるか 牛骨塩ラーメン@餃子の王将/浮間舟渡
少し以前の話になりますが、6/11(土)の昼食は、こちらの店へ。「餃子の王将」浮間舟渡店です。
160611-101王将(S)
この日は先週に引続きさいたま新都心ではラーメンファスティバルを開催中なのですが、850円の均一価格制というのはどうよ?と思うので、あえて他の店でCPの良いラーメンを食べる作戦。
本来店が普段店で出している値段を基本にすべきところ、無理矢理均一価格にすること自体がおかしいと思うし、本当にそれだけの値段に見合った価値があるのか疑問に思う訳ですよ。





まずはメニューを検討。
160611-102メニュー(S)
ラーメンメニューの中から、牛骨塩ラーメンを注文します。





しばらくして、牛骨塩ラーメンが登場します。
160611-103登場(S)
澄んだスープと麺、トッピングはチャーシュー、メンマ、味玉半分、ネギというスタイル。





卓上の胡椒をたっぷり振って、準備OK。
160611-104準備OK(S)
やっぱり塩ラーメンには胡椒でしょう。





ではまずスープから。ズ~ッ、ズズ♪
160611-105れんげ上げ(S)
うっ、旨い! 牛骨のスープはあっさりですが、深い味わい。





続いて麺を。ズルズルズル~♪
160611-106麺上げ(S)
うっ、旨い! 細麺ですがコシがあり、このスープとよく合います。





これはチャーシューではなく、牛肉でした。
160611-107チャーシュー上げ(S)
ちょっと固目ではありますが、十分許容範囲内。





メンマは普通。
160611-108メンマ上げ(S)
ラーメンの具ですから、これでいいのです。





そして煮玉子。
160611-109玉子上げ(S)
中心部は半熟というスグレモノ。





ズルズル、ズルズルとすすって、一気に完食です。
160611-110完食(S)
ふ~、食った~。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスは合格です。
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数717食、平均価格:一食当たり税込472円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ




餃子の王将 浮間舟渡店餃子 / 浮間舟渡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ