みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
外食編-甘辛に 白髪ねぎかぁ...止めとこう カツ丼梅@かつや/加茂宮
外食編-甘辛に 白髪ねぎかぁ...止めとこう カツ丼梅@かつや/加茂宮
少し以前の話になりますが、7/31(日)の昼食は、7月末期限の割引券を消化すべく、こちらの店へ。「かつや」さいたま宮原店です。
160731-101かつや(S)
国道17号と旧中山道の交差点の角にあるこちらのお店、我が家から一番近い「かつや」ですが徒歩ですと30分近くかかるので、ウォーキングを兼ねての訪問です。





まずはメニューを検討。
160731-102メニューT(S)
期間限定メニューはたっぷり白髪ねぎの甘辛唐揚げ丼でしたが、甘いものがダメなみやけん、甘辛のたれのタレが甘すぎたら嫌だなぁ、それに白髪ねぎともあんまり合わなそうだしと思いパス。レギュラーのカツ丼梅(割引券利用で429円)を注文します。





しばらくして、カツ丼梅が登場します。
160731-103登場(S)
割下で煮て玉子とじにした伝統的スタイル、これぞカツ丼の正しい姿。





卓上の壺に入った漬物を乗せ、端の方に辛子を塗って準備OK。
160731-104準備OK(S)
やっぱりカツ丼には漬物と辛子でしょう。





いただきま~す。モグモグモグ♪
160731-105カツ上げ(S)
うっ、旨い! カツは厚みの割に柔らかく、味もしっかり染みています。





玉ねぎも十分煮込まれ味が染み、柔らかくなっています。
160731-106玉ねぎ上げ(S)
カツ丼の玉ねぎが半生だとシャレになりません。





ツユの染みたご飯も旨い。
160731-107ご飯上げ(S)
これだけでも十分食べられちゃいます。





そして漬物。
160731-108漬物(S)
カツ丼の必須アイテム。舌をリフレッシュさせてくれます。





辛子を塗ると、味がピリッと引き締まります。
160731-109辛子(S)
味に変化がついて、最後まで食べ飽きません。





カツ丼をグビグビと喉の奥に流し込むようにして、一気に完食です。
160731-110完食(S)
ふ~、食った~。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスは合格です。
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数735食、平均価格:一食当たり税込471円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ