みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
外食編-茹で立ての 美味しい蕎麦が この値段 もり蕎麦+かき揚げ@ゆで太郎/吉野原
外食編-茹で立ての 美味しい蕎麦が この値段 もり蕎麦+かき揚げ@ゆで太郎/吉野原
少し以前の話になりますが、9/11(日)の昼食は、こちらの店へ。「ゆで太郎」吉野町店です。
160911-101ゆで太郎(S)
以前車で走っているときに偶然発見し、訪問の機会を伺っていた店。この日はウォーキングを兼ねて徒歩での訪問です。





まずはメニューを検討。
160911-102メニューT(S)
この日は残暑厳しく、熱い蕎麦は最初から論外。この店は冷たい蕎麦は「もり」でつゆは別容器入りしかなく、出汁を蕎麦にかけるタイプはないようです。もり蕎麦(320円)とかき揚げ(100円)の食券を自販機で購入しカウンターに出します。





おそらく注文後そばを茹でているのでしょう、それなりの時間がかかってからもり蕎麦+かき揚げが登場します。
160911-103登場(S)
すりごまがあったので刻みネギの横に乗せ、セルフなので自分で席に運びます。





そばつゆの容器に山葵とすりごま、刻みネギを投入し、七味唐辛子をたっぷり振って、準備OK。
160911-104準備OK(S)
やっぱり蕎麦には七味でしょう。





いただきま~す。ズルズルズル~♪
160911-105麺上げ(S)
うっ、旨い! 蕎麦はコシがあり香りも良し。やっぱり茹で立ては違いますねぇ。





かき揚げはかなり厚みがあるタイプ。
160911-106かき揚げ全体(S)
温かいので揚げたて、もしくは個別温め直しなのでしょう。これは嬉しい。





かき揚げを崩して一口齧ります。モグモグモグ♪
160911-107かき揚げ崩し(S)
うっ、旨い! 具は玉ねぎとにんじんで、野菜の自然な甘味がよく出ています。





蕎麦とかき揚げを食べ終わると、つゆの容器に卓上のポットに入っているそば湯を投入。
160911-108そば湯(S)
そば湯がポットに常備されているのはポイント高いですね。





そば湯をグビグビと飲み干して、一気に完食です。
160911-109完食(S)
ふ~、食った~。
美味しい蕎麦でしたが、この蕎麦がこの値段とは、関心しました。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスは十分合格です。





おまけに割引券まで貰っちゃいました。
160911-110割引券(S)
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数748食、平均価格:一食当たり税込470円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ



ゆで太郎 吉野町店そば(蕎麦) / 吉野原駅原市駅今羽駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ