みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
No.1,057 四川風? ホッとするのは 日本式
No.1,057 四川風? ホッとするのは 日本式
2017/2/19(日)の料理
今日のメニュー:左から野菜とメンマの炒め、大根の浅漬け(昨日作ったもの)、麻婆豆腐
170219-200全体(S)






今日のさいたまは晴れ。ウォーキングコースの氷川神社の上空は、雲一つない晴天です。
170219-201空T(S)
昨日は一日曇り空でしたが、今日は冬の関東特有のスカッとした晴天が復活。





氷川神社の境内にはこんなものが。
170219-202日本酒(S)
日本酒の酒樽が積み重なっていますが.......





これは埼玉県酒造組合の寄贈のようです。
170219-203酒蔵(S)
埼玉県には日本酒の蔵元が結構あるんですね。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、豚挽肉100g78円です。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、豚挽肉は麻婆豆腐にして、後は野菜とメンマの炒めでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。それでは、作戦どおりでいきましょうか。というわけで、今夜はこれ。





「麻婆豆腐」
170219-211肉炒め(S)
まずは中華鍋で豚挽肉を炒めます。写真ではまだ赤身が残っていますが、肉の脂が外に出て来てパラパラになるようなイメージで。





肉の脂が出て来たら鍋を傾け、豆板醤とみじん切りのネギ、にんにくを炒めます。
170219-212豆板醤(S)
肉の脂で豆板醤とネギ、にんにく、生姜をしっかり炒めるのが良いと以前服部幸雄先生のラジオの番組で聞いたので。





水を加えて、沸騰したらアクをすくいます。
170219-213水(S)
醤油と胡椒で味付けし、中華鍋は野菜とメンマの炒めで使うので別鍋に移します。





豆腐を加えて煮込みます。
170219-214煮込み(S)
中まで味を染み込ませるような感じでコトコトとしっかり。





水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げに香り付けのごま油を垂らして、ザックリと混ぜて完成。
170219-215完成(S)
本場の味なんて何のその、四川風よりもこの日本風の麻婆がみやけん的にはホットする味。





「野菜とメンマの炒め」
170219-221炒め(S)
まずは白菜の白い部分とキャベツを炒めます。強火で強気に、がコツ。





白菜の葉の部分、メンマ、椎茸、木耳、ニラを投入。
170219-222味付け(S)
中華スープの素、中華あじ、鶏がらスープの素、醤油、酒、胡椒、片栗粉を合わせた調味料で味付け。





香り付けのごま油を垂らし、ザックリと混ぜて出来上がり。
170219-223完成(S)
器に盛って、食卓に運びます。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
170219-281今日の食材(S)
今日の支払金額は、税込773円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの週末(土、日)に歩いた歩数は、
170219-291歩数計(S)
70,388歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ