みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
外食編-牛丼は 日本固有の 食文化 牛丼並@吉野家/戸田
外食編-牛丼は 日本固有の 食文化 牛丼並@吉野家/戸田
少し以前の話になりますが、2/19(日)の昼食は、こちらの店へ。「吉野家」下笹目店です。
170219-101吉野家(S)
こちらのお店、みやけんが大阪から浦和の社宅に引っ越してきて以降、実家に行く際の経路上にあるのでもう20年以上前から場所だけは知っていたのですが、これまで行く機会に恵まれていませんでした。





まずはメニューを確認。
170219-103メニュー(S)
新メユーや期間限定などはなさそうだったので、定番の牛丼並盛(380円)を注文します。





店員さんがお茶を持って来てくれなかったので、自分で目の前にあった湯飲みにポットからお茶を注ぎます。
170219-102お茶(S)
お茶はセルフになったのかな?





すぐに牛丼が登場します。
170219-104登場(S)
丼ご飯にアタマを乗せただけの伝統のシンプルなスタイル。これぞ世界に類を見ない日本固有の食文化。





紅生姜を乗せ、七味唐辛子をたっぷり振って、準備OK。
170219-105準備OK(S)
やっぱり牛丼には紅生姜と七味でしょう。





いただきま~す。モグモグモグ♪
170219-106肉上げ(S)
うっ、旨い! 牛丼のアタマはいつもながらいい味出してますねぇ。





玉ねぎは一応ちゃんと火が通っている、という感じ。
170219-107玉ねぎ上げ(S)
牛丼の玉ねぎが生煮えじゃ、シャレになりません。





ツユの染みたご飯も旨い!
170219-108ご飯上げ(S)
これだけでも十分食べられちゃいます。





そして紅生姜。
170219-109紅生姜(S)
これが実にいい仕事してます。





牛丼をグビグビと喉の奥に流し込むようにして、一気に完食です。
170219-110完食(S)
ふ~、食った~。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスは十分合格です。
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数813食、平均価格:一食当たり税込467円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


吉野家 下笹目店牛丼 / 北戸田駅戸田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ