みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
No.1,061 鰹はね 薄く切るのが 我が家流
No.1,061 鰹はね 薄く切るのが 我が家流
2017/3/5(日)の料理
今日のメニュー:左から鰹のたたき、小松菜ともやしのナムル冬バージョン、ニラ玉きのこ餡
170305-200全体(S)






今日のさいたまは晴後曇り。ウォーキングコースの大宮駅の上空は、雲一つない晴天です。
170305-201大宮駅T(S)
今日も昨日に続き暖かい日。春が近づいているのを実感します。





大宮駅コンコースのイベントスペースでは、青森県と津軽海峡の観光PRキャンペーン中。
170305-202津軽(S)
津軽海峡と言えば昔青函トンネル開通直後に1度行った切り。もう30年以上も前の話ですが。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、鰹のたたき100g99円です。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、鰹は普通にたたきにして、後はニラ玉きのこ餡と、小松菜ともやしのナムル冬バージョンでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。それでは、作戦どおりでいきましょうか。というわけで、今夜はこれ。





「鰹のたたき」
170305-211にんにく(S)
まずはにんにくのみじん切りをオリーブオイルで煮ます。





鰹を切って皿に並べ、にんにくのオリーブオイル煮とおろし生姜、ポン酢醤油を合わせたタレをかけます。
170305-212かつお盛り(S)
このとき鰹はなるべく薄く切るのが我が家流。なぜならみやけんはケチだからです。あはは。





刻んだ大葉、刻みネギ、かいわれを散らして出来上がり。
170305-213鰹完成(S)
みやけん流鰹のたたきの味の決め手、にんにくのオリーブオイル煮が実にいい仕事しています。





「ニラ玉きのこ餡」
170305-221きのこ餡(S)
まずは中華あじ、中華スープの素、鶏がらスープの素で適当に作ったスープできのこ(椎茸、ぶなしめじ)を煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけてきのこ餡を作ります。

ニラを炒めて醤油をちょろり、砂糖と塩で下味を付けた卵液にドボン。
良くかき混ぜておきますって、写真撮り忘れました。(苦笑)

中華鍋を熱して油を注ぎ、煙が出て来たら卵液を流し込み、上下をひっくり返すような気持でグルグルかき混ぜ、半熟状に仕上げます。
170305-222完成(S)
器に盛って、きのこ餡をかけて出来上がり。





「小松菜ともやしのナムル冬バージョン」
170305-231ナムル(S)
小松菜ともやしは下茹でして、小松菜は細かく刻んでから水気をギュッと絞り、豆板醤、醤油、桃ラー、削り節、すり胡麻で和えてレンジでチンして温めました。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
170305-281今日の食材(S)
今日の支払金額は、税込866円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの週末(土、日)に歩いた歩数は、
170305-291歩数計(S)
63,211歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ