みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
北海道編-トリトンの 順番待ちに 驚いた
北海道編-トリトンの 順番待ちに 驚いた
5/3(水)は去年亡くなった妻の母の納骨と部屋の片づけのために妻の実家へ。夕方に到着し夕食は近くのこちらの店の持ち帰り帰り寿司を頂くことになり、買い物ついでに予約していた寿司を取りにこちらの店へ。「回転寿司トリトン」江別店です。
170503-201トリトン(S)
店に入ってビックリ! 少なく見ても20人以上の人が順番待ちしているんです。これはやはり持ち帰りが正解ですね。





こちらがが注文した持ち帰り寿司。
170503-202全体(S)
あっ、蓋を取ってから写真撮れば良かったなぁ。後の祭り。





ビールは北海道限定のサッポロクラシックの中でもさらに限定の「春の薫り」。
170503-203クラシック(S)
普通のクラシックとは違ったフルーティーな香りが特徴。





まずは北寄貝。
170503-204北寄貝(S)
うん、これこれ。北海道で食べる北寄は旨い。





まぐろ赤身。
170503-205赤身(S)
まあこれは普通。





〆鯖。
170503-206鯖(S)
丁度良い〆加減。





帆立。
170503-207帆立(S)
貝の自然な甘味。





蟹。
170503-208蟹(S)
やっぱりみやけん的には蟹と言えば北海道。





中トロ。これはスゴイ!!(激旨)
170503-209中トロ(S)
しかもネタの軍艦巻き状態。いえいえ中トロだけじゃないんです。他の寿司もシャリが小さくてネタが大きい(全体の大きさは普通)のです。





縁側。
170503-210縁側(S)
これほど脂の乗りが良い縁側は初めて。





海老。
170503-211海老(S)
これも自然の甘味。





イクラ。
170503-212いくら(S)
やっぱり北海道ではこれを食べなきゃでしょ。





うに。
170503-213うに(S)
東京でうにを食べるのは間違い。





ワインもいただきました。
170503-214ワイン(S)
スッキリした飲み口で寿司にも合う合う。





そしてこの日一番のスゴネタはこちら。サーモンです。
170503-215サーモン(S)
外見から判るとおり、ハラスの部分なのですが、これはもう最高としか言いようがありません。





そして芋焼酎ロック。
170503-216焼酎(S)
最後はどうしても芋焼酎に行き付いてしまいます。


それにしてもトリトンは旨い! 店に行列が出来ていたのも十分納得。


回転寿しトリトン 江別店回転寿司 / 高砂駅

昼総合点-

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ