みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
北海道編-あら嬉し! ジンギスカンは 久々だ
北海道編-あら嬉し! ジンギスカンは 久々だ
5/5(金)、妻の母の部屋の片づけはみやけんの手伝いは不要ということになり、かといって飛行機のキップは既に5/7(日)の便を早割で予約済。変更も出来ないので5/5,6はみやけん一人適当に観光してきて良いということになり、向かったのは「北海道博物館」と「開拓の村」。博物館では写真撮り忘れ、なので開拓の村から。
170505-201開拓の村(S)
入口の建物は札幌駅の初代の駅舎とのこと。





こちらは北海道の拓時代の建物を展示している屋外博物館。
170505-202旅館(S)
こちらは明治時代の旅館の建物らしい。





風呂はこんな感じ。
170505-203風呂(S)
現代では考えられない程狭苦しい。





こちらは右側の煙突の中に済を入れて、洗顔用の水を温める桶らしい。
170505-204温め(S)
これがなかったら冬場はほとんど顔を洗うことも出来ないんだろうなぁ。





公衆電話。
170505-205電話(S)
技術の進歩はホント素晴らしい。





馬車鉄道。
170505-206馬車鉄道(S)
乗車には別料金がかかります。





こちらはお蕎麦屋さん。
170505-207蕎麦屋(S)






厨房の様子。
170505-208厨房(S)
電気もガスもない昔はこんな感じだったんですねぇ。





酒蔵です。
170505-209酒蔵(S)






中にはデカい仕込み桶が。
170505-210桶(S)






大道芸人の「ガマの油売り」
170505-211ガマの油(S)






こちらは医院。
170505-212医院(S)






診察室が不気味で怖い。
170505-213診察室(S)
ハウステンボスにあった無茶苦茶怖いアトラクションを思い出しました。(笑)






開拓使工業局庁舎。
170505-214開拓使工業局(S)






当時の北海道の工業は官製先行。ビールの小売店の看板とビール樽。
170505-215ビール樽(S)






写真館。
170505-216写真館(S)






中には昔の写真が。
170505-217昔の写真(S)






こちらは商店。
170505-218商店(S)






帳場の様子。
170505-219帳場(S)
計算はもちろん算盤。





床屋さん。
170505-220床屋(S)






店内では髭剃り中。
170505-221髭剃り中(S)






こちらも商店。
170505-222せんべい屋(S)






お煎餅と和菓子の店だったらしい。
170505-223商品リアル(S)






蹄鉄屋。
170505-224蹄鉄屋(S)
馬が陸上交通の主役だった開拓時代。





中にはもちろん馬(マネキン)。
170505-225馬(S)






こちらは何の店?
170505-226橇屋(S)
屋根の上に乗っているものが看板代わり。





中では馬橇を制作中。
170505-227制作中(S)






こちらは「はねだし」という様式の建物らしい。
170505-228はねだし(S)






海岸のすぐ近くに作り、床下に船を着けてそのまま建物の中に積荷を運ぶようになっています。
170505-229下に船(S)






こちらは所謂「鰊御殿」
170505-230ニシン御殿(S)






ヤン衆達の寝床。
170505-231ヤン衆の寝床(S)
究極の二段ベッド。





駅逓所。
170505-232駅逓(S)
馬が交通の主役だった昔の道の駅みたいなものか。





マネキンがあるのですが、妙なハゲ方。(笑)
170505-233妙なハゲ方(S)
ハゲ人間のみやけんとしてはそちらの方が気になります。





こちらは養蚕所。
170505-234養蚕場(S)
養蚕業は世界遺産になった富岡製糸場が有名ですが、北海道でも養蚕業が行われていたのですね。





カイコの世話の様子。
170505-235カイコの世話(S)






こちらは牧場の建物らしい。
170505-236牧場(S)






中にはトラクターなどの農作業用機械を展示。
170505-237トラクター(S)






農家住宅。
170505-238農家(S)






手回し脱穀機がありました。
170505-239脱穀機(S)






開拓小屋。
170505-240開拓小屋(S)






隙間だらけ。
170505-241粗末(S)
夏は良くても冬は絶対無理。





屯田兵屋。
170505-242屯田兵屋(S)






屯田兵は基本兵隊なので、軍服と銃もおいてあります。
170505-243軍服と銃(S)






北海中学。
170505-244北海中(S)






机と椅子が固定されていたのにはビックリ!
170505-245机といすが一体(S)






駐車場の桜。
170505-246桜満開(S)
丁度満開でした。ラッキー!





桜アップ。
170505-247桜アップ(S)
さ~て、帰りましょうか。





夕食には何とジンギスカンを用意していただいてました。これは嬉しいですね。ジンギスカンなんて超久しぶりですよ。
170505-251春の薫(S)
「サッポロクラシック」の春の薫りでスタート。





肉。
170505-252肉(S)
すでにタレに漬けてある厚切りタイプ。





野菜。
170505-253野菜(S)
かぼちゃ、じゃがいも、玉ねぎ、椎茸。写真には写っていませんが、もやしもあります。





トマト。
170505-254トマト(S)
妻の妹のご主人の実家(新潟の農家)から送って来たもので、これが甘くて超旨いのです。





さあ、どんどん焼きましょう。
170505-255ジンギスカン(S)
室内なのでホットプレートで。





ロース肉。
170505-256ロース(S)
結構分厚いのですが柔らかくて食べ易いです。これは旨い!





じゃがいも。
170505-257じゃがいも(S)
去年の台風被害で高値らしい。





ジンギスカンのたれ。
170505-258タレ(S)
北海道ではやはりこれ。





もやし。
170505-259もやし(S)
たれに絡めて食べると激旨。





椎茸。
170505-260椎茸(S)
肉厚でジューシー。





春の薫りがなくなって、普通のクラシックに。
170505-261クラシック(S)
春の薫りがフルーティーだったのに対しこちらは普通のビールの薫り。これはこれで十分旨い、みやけんの好きなビール。





ラム肉。
170505-262ラム(S)
ロースよりさらに柔らかくて美味しいです。





ふ~っ、食った~。満腹です。
みやけんがこの三日(水、木、金)で歩いた歩数は、
170505-291歩数計(S)
96,348歩でした。
さ~て、明日は小樽観光です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ