みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
No.1,081 バカ盛りの ささみ諦め 生姜焼
No.1,081 バカ盛りの ささみ諦め 生姜焼
2017/5/22(月、休暇中)の料理
今日のメニュー:左から豚生姜焼、小松菜ともやしのナムル、ニラ玉きのこ野菜餡
170522-200全体(S)






今日のさいたまは晴れ。ウォーキング中の荒川に架かる羽倉橋の上空は、薄雲が広がっていますが概ね晴天。
170522-201空(S)
今日も昨日に続き暑い日。汗をダラダラ流しながらのウォーキングです。





荒川の堤防沿いにあるゴルフ場と釣り場。平日の朝ですが、ゴルフをする人、釣りをする人がチラホラ。
170522-202ゴルフ場(S)
みやけんはゴルフも釣りもやりません。ゴルフやってもプレー中はラジオ聞くわけにも行かないでしょうし、釣りはラジオ聞きながら出来るでしょうけど、歩きたくてウズウズするのは目に見えていますからね。やっぱりラジオを聞きながらのウォーキングが一番性に合っているようです。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、特になし。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、鶏ささみのガーリックマーガリン焼と、昨日の野菜と豆のコンソメスープ煮が少し残っていたのできのこを加えて餡にしてニラ玉きのこ餡、それに小松菜ともやしのナムルでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。肉売り場で鶏ささみを物色しますが、何故かバカ盛りと言える程の大きなパックしかありません。仕方なく鶏ささみは諦めて、二番手に考えていた豚生姜焼に変更です。というわけで、今夜はこれ。





「豚生姜焼」
170522-211タレ(S)
まずは醤油、味醂、酒、おろし生姜、胡椒を合わせ生姜焼きのタレを作ります。





豚肉を適当に切って、生姜焼きのタレの1/3に絡めます。
170522-213肉下ごしらえ(S)
この後手でしっかり揉んで染みこませるようにします。





新玉ねぎを切り、にんにくをスライスします。
170522-212玉ねぎ(S)
健康を考えて新玉ねぎはかなり多目に。





フライパンに油を入れてよく熱し、煙が出て来たら新玉ねぎを炒めます。
170522-214玉ねぎ炒め(S)
新玉ねぎの甘味が出るようじっくりと火を入れます。





新玉ねぎがしっかり炒まったら豚肉、にんにくを加えて炒めます。
170522-215肉投入(S)
豚肉は逆に炒め過ぎに注意。





豚肉に8割方火が通ったらタレを加えます。
170522-216タレ投入(S)
タレが一煮立ちしたら出来上がり。





千キャベを乗せた器に盛って、食卓に運びます。
170522-217完成(S)
生姜焼も旨いのですが、タレとマヨネーズを絡めたキャベツが旨い!





「ニラ玉きのこ野菜餡」
まずは昨日の残りの野菜と豆のコンソメスープ煮にぶなしめじと椎茸を加えて煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけて、きのこ野菜餡を作ります。(写真撮り忘れ)ニラを炒めて醤油をちょろり。砂糖と塩で下味をつけた卵液にドボン。
170522-221ドボン(S)
よくかき混ぜておきます。





中華鍋を熱し油を加え、煙が出て来たら卵液を流し込み、上下をひっくり返すような気持でグルグルかき混ぜて半熟状に仕上げます。
170522-222出来上がり(S)
器に盛って、きのこ野菜餡をかけて出来上がり。





「小松菜ともやしのナムル」
170522-231小松菜ともやしのナムル(S)
小松菜ともやしを下茹でして小松菜は刻み、水気をギュッと絞って豆板醤、醤油、桃ラー、削り節、すり胡麻と和えて器に盛り、仕上げにすり胡麻をトッピングしたものです。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
170522-281今日の食材(S)
今日の支払金額は、税込860円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの4日(金、土、日、月)で歩いた歩数は、
170522-291歩数計(S)
91,030歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ