みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
外食編-ありふれた 牛丼喰らう 幸せよ 牛丼並@吉野家/南与野
外食編-ありふれた 牛丼喰らう 幸せよ 牛丼並@吉野家/南与野
少し以前の話になりますが、6/4(日)の昼食は、牛丼が食べたくなりこちらの店へ。「吉野家」463号線南与野店です。
170604-101吉野家(S)
最寄り駅は埼京線の南与野駅ですが駅前ではなく、埼大通りと埼京線が立体交差する所付近にあるお店です。





まずはメニューを確認。
170604-102メニュー(S)
ねぎ塩豚丼450円なるものがありましたが牛丼より割高なのでパス。予定通り牛丼並盛(380円)を注文します。





卓上にはこんな物も。
170604-103サラ牛(S)
食後の血糖値の上昇をおだやかにする機能性表示食品とか。通販専門のようですが店頭では販売しないのかな。





すぐに牛丼が登場します。
170604-104登場(S)
丼ご飯に牛肉と玉ねぎだけという伝統のシンプルなスタイル。





紅生姜を盛り、七味唐辛子をたっぷり振って、準備OK。
170604-105準備OK(S)
やっぱり牛丼には紅生姜と七味でしょう。





いただきま~す。モグモグモグ♪
170604-106肉上げ(S)
うっ、旨い! やっぱり牛丼のアタマはいつ食べても旨いね。





玉ねぎはクタクタの、いい煮え加減。
170604-107玉ねぎ上げ(S)
牛丼の玉ねぎが半生じゃシャレになりません。





つゆの染みたご飯も旨い!
170604-108ご飯上げ(S)
これだけでも十分食べられちゃいます。





紅生姜。
170604-109紅生姜(S)
これが実にいい仕事してます。





牛丼をグビグビと喉の奥に流し込むようにして、一気に完食です。
170604-110完食(S)
ふ~、食った~。牛丼って日本中でいろんな店で売っているありふれた食べ物で、しかも安くて旨い! こういうものを普通に食べれるって実はすごく幸せなことなんだなぁ。
この味とボリュームでこの値段なら、コストパフォーマンスは十分合格です。
みやけんは、大満足でお店を後にしたのでした。おしまい。


2011年1月以降この日までの外食(朝食・昼食。但し会社の社員食堂除く。)数853食、平均価格:一食当たり税込470円


「B級グルメ」ブログランキングに参加しています。面白いと思ったら、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ


吉野家 463号線南与野店牛丼 / 南与野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
20度でしょう
レンジでチンさん、こんばんは。
確かにそちら側は飲食店少ないですねぇ。
大宮とは逆側にしばらく行けば一代元と燕京がある位でしょうか。
いづみやの焼酎は20度だと思います。
これ程飲んでも翌朝あまり辛くない場合が多いのはやはり度数が低いせいだと。

2017/08/05(土) 22:12:04 | URL | みやけん #-[ 編集]
湯老婆のいる街
こんにちは。

6月の終わりに1丁目に引っ越してきました。
部屋を出て2分もしないでマルエツがあるので、便利ちゃ便利なのですが、貴殿の家(鉄道博物館)側と違って飲食店が少ないです。
ココスくらいですもんね。

おいら、中学生のときに近所にホカ弁屋が出来て、当時としては画期的で、それ以来の海苔弁好きで、今でも1週間は海苔弁を喰い続けられます。

マルエツの隣にHotto Mottoがあるのはご存じでしょう?
ならばHotto Mottoで海苔弁を買ってくれば食事には困らないのですが・・・

Hotto Mottoには、湯老婆が居るんですよね。
鷲鼻で意地悪そうな目でギロギロ見て、だみ声で「ご注文は?」と言われると小心者のおいらは恐くて恐くて。


おいら、マヂで思うのです。
宮崎駿はHotto Mottoのババアを見て湯老婆を描いたんじゃないかと。

今まで住んでいたのは指扇で、あの街も限界集落のような街でしたが、すき家と日高屋があったので、文句を言わなければ食事には困らなかったのですが、ここは本当に飲食店がねぇーです。

先日、いづみやまで自転車で行ってみました。
みやけんさん、いづみやの焼酎ですが25°から20°になったように思いませんか?
おいらの体調もあるのでしょうが、ホッピーを飲んでも今までより酔わないんですよ。


2017/08/04(金) 13:11:56 | URL | レンジでチン #eMknYnEw[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ