みやけんの「今日、こんなの作って食べたよ。」
料理好き中年サラリーマンオヤヂが休日に作る家庭料理です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
No.1,101 格安の 挽肉使い ハンバーグ
No.1,101 格安の 挽肉使い ハンバーグ
2017/7/30(日)の料理
今日のメニュー:左から煮込みハンバーグ、さしみこんにゃく、野菜と豆のコンソメスープ煮
170730-200全体(S)






今日のさいたまは雨のち曇り。ウォーキングコースの大宮駅東口上空は、分厚い雲に覆われています。
170730-201空(S)
本来ならば日曜日は大宮公園ルートのウォーキングコースが定番なのですが、雨のため断念。





大宮駅コンコースにはこんな物が。
170730-202山車(S)
八戸の祭りの山車らしいのですが、青森のねぶたとはずいぶん趣が違いますねぇ。





さて、今日も夕食の買い物にいつものスーパー、〇〇ャース 大成店にやって来ましたみやけんです。
今日の「広告の品」でみやけんが欲しいと思ったものは、豚挽肉100g78円です。
例によってウォーキング中にいろいろメニューを考えますが、挽肉は煮込みハンバーグにして、後は野菜と豆のコンソメスープ煮と、さしみこんにゃくでいいかと作戦を立てました。
店に着くと、まずは売り場を一周して掘り出し物がないかチェックしますが、今日は特にこれといったものはなし。それでは、作戦どおりでいきましょうか。というわけで、今夜はこれ。





「煮込みハンバーグ」
170730-211にんたま炒め(S)
まずはみじん切りの玉ねぎ、にんにく、人参を炒めます。





ハンバーグに使う分を取り出して残りに水を加えます。
170730-212なんちゃってデミ(S)
沸騰したら市販のシチューの素を溶かしてなんちゃってデミグラスソースを作ります。





こちらがハンバーグの材料。
170730-213ハンバーグ材料(S)
豚挽肉、炒め玉ねぎ、牛乳で湿らせたパン粉、玉子、塩、胡椒、ナツメグ。





材料を捏ねて、ハンバーグの種を作ります。
170730-214ハンバーグ種(S)
粘りが出るまでしっかり捏ねるのがコツ。





ハンバーグを形成して両面を焼きます。
170730-215焼き(S)
この段階では中まで火を通す必要はありません。





なんちゃってデミグラスソースを注ぎます。
170730-216デミかけ(S)
弱火にして、しばらくコトコト煮込みます。





デミソース毎器に盛って、出来上がり。
170730-217完成(S)
肉は格安の豚挽肉のみですが、これが旨い! ハンバーグって、ある意味胡麻化しが効くんだなぁ。





「野菜と豆のコンソメスープ煮」
170730-221鍋セット(S)
鍋に水を入れ、昆布、人参、白菜の白い部分、白菜の葉の部分、ぶなしめじの順に材料を投入、最後にコンソメキューブを乗せて鶏がらスープの素をパラリ。蓋をして火にかけます。





沸騰して少ししてから蓋を取ったところ。
170730-222蓋取ったところ(S)
白菜がペチャンコになっています。





全体をザックリと混ぜます。
170730-223混ぜ(S)
弱火にして、白菜が柔らかくなるまでコトコト煮込みます。





市販の大豆の水煮を加え、塩胡椒で味を整えて出来上がり。
170730-224完成(S)
鍋をセットしたら後は時間が作ってくれるような料理ですが、素朴な味で食べ飽きることがありません。





「さしみこんにゃく」
170730-231さしみこんにゃく(S)
市販の物を器に盛って付属の酢味噌をかけ、削り節をトッピングしました。このこんにゃく、青海苔が入っていていい香りがするので気に入っています。


今日もおいしくいただきました。


今日買ってきた食材はこちら。
170730-281今日の食材(S)
今日の支払金額は、税込855円でした。
(一部冷蔵庫の中の材料を使っていますので、食材費全額ではありません。)





ウォーキングも趣味のみやけんがこの週末(土、日)に歩いた歩数は、
170730-291歩数計(S)
71,336歩でした。


「男の料理」ブログランキングに参加しています。
おいしそうと思ったら、クリックしてください。このクリックで順位が上がります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ